【セゾンと合併】そんぽ24の自動車保険の評判や口コミを紹介!

そんぽ24は、2019年7月1日付で、同じSOMPOホールディングス傘下のセゾン自動車火災保険と合併しました。尚、セゾン自動車火災保険の自動車保険の評判や口コミは以下のページをご覧ください。
セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)の評判や口コミを紹介!

今回の記事では、そんぽ24の自動車保険の評判や口コミの紹介、さらには特徴についてお話していきます。

マサキマサキ

そんぽ24と言えば、イメージキャラクターが「ハナコアラ」の自動車保険だよね。実際にここの自動車保険を利用している人の評判や口コミはどうなんだろう?

カンナカンナ

そんぽ24は、損保ジャパン日本興亜の完全子会社のダイレクト型の保険会社です。そんなそんぽ24の自動車保険について、実際に利用している方の評判や口コミを見ていきましょう。

そんぽ24の自動車保険の評判や口コミってどう?

そんぽ24の自動車保険のネット上の評判や口コミで、良いもの悪いものをご紹介していきます。

そんぽ24の自動車保険の良い評判や口コミ

親会社が損保ジャパン日本興亜なので安心感がある

口コミ(男性)

ネットの自動車保険比較サイトで6~7社から見積りをとり、各社の保険料を比較した。その結果、そんぽ24は最安値では無かったものの、二番目に安かった。そんぽ24は通販型の自動車保険だが、親会社が損保ジャパン日本興亜なので安心感があるので決め手となった。(50代男性)

非常にコストパフォーマンスの良い自動車保険

口コミ(女性)

ネット通販型の自動車保険も選択肢が増えてきたので、そんぽ24は特別安いというわけではありません。ですが、補償内容と保険料のバランスを考慮すれば、非常にコストパフォーマンスの良い自動車保険だと思います。顧客対応や事故対応も満足しています。欲を言えば、自動車保険は無事故だと掛け捨てになってしまうので、契約中無事故であれば還付金なり割引があると良いと思います。(40代女性)

目新しさは無いが、補償内容やサービスは他社と比べて遜色ない

口コミ(男性)

目新しい補償やサービスは無いが、補償内容、ロードサービス、各種特約など、他社と比べて全く遜色ないと感じる。私は自動車保険に目新しさは求めていないのでこれでいいと思う。いい意味で普通で無難な自動車保険。(30代男性)

ホームページにある保険料シミュレーションが簡単で便利

口コミ(男性)

はじめての自動車保険に加入するので、年間の保険料がどれぐらいになるのか見当がつきませんでした。そんぽ24ではホームページにある保険料シミュレーションがあり、5つの項目に答えるだけで、すぐに3つのおすすめのプランが出てきて、おおよその保険料を簡単に知ることができて便利でした。補償内容と保険料のイメージがわかったので、それほど迷うことなく決めることができました。(20代男性)

補償内容を決める際に、親身になって相談に乗ってもらえた

口コミ(女性)

補償内容を決める際にコールセンターに電話したが、こちらに親身になって相談に乗っていただき、納得のいく契約内容にすることができた。その際、無理な勧誘なども無かったので安心して相談することができたし、信頼のできる保険会社だと思った、補償内容と保険料のバランスは良いと思う。また、JAFなどに加入していないので、ロードサービスを含めて満足している。(50代女性)

オペレーターの対応が親切かつ丁寧で安心できる

口コミ(女性)

ネットから申込む際に、間違った契約内容で送信してしまいました。慌ててコールセンターへ電話したところ、オペレーターの方がとても親切かつ丁寧な対応をしてくれて、すぐに内容を訂正してもらうことができました。私は慌てながら話していたので、わかりづらい部分も多々あったかと思いますが、内容を1つ1つ丁寧に確認していただき、うまく伝えることができました。内容訂正のための書類送付や手続きも迅速に行っていただけました。オペレーターの方の対応が優れていたので、いざという時の対応も安心してお任せできそうです。(50代女性)

事故解決までの間、マメに進捗状況を連絡してもらえたので安心できた

口コミ(男性)

台風の時に隣の車とぶつかる事故があった。保険を使うかどうかについて、丁寧な説明をしてもらえたので非常にわかりやすかった。事故解決までの間、節目節目でマメに進捗状況を連絡をしてもらえたので、こちらが不安になるようなことは一切無かった。(40代男性)

当て逃げされて連絡した際に、親切かつ丁寧な対応をしてもらえた

口コミ(男性)

ホームセンターの駐車場で当て逃げされて車にキズができた時に電話しましたところ、30分以内で対応していただけました。修理工場への連絡や状況説明もしてもらえたので、私は車を持ち込むだけでした。修理工場への支払いをする必要もなく、後日郵送されてきた書類に署名捺印して返信するだけで済みました。対応も親切丁寧で、満足のいく対応でした。(30代男性)

そんぽ24の自動車保険の悪い評判や口コミ

車両保険を付けると保険料が一気に高くなってしまう

口コミ(男性)

車両保険を付けると保険料が一気に高くなってしまう。車両保険は補償範囲の異なる3つのタイプがあるが、一番保険料が安い「車対車」にすると、台風・洪水であったり、いたずらや落書きによる損害は補償されない。「車対車」は値段据え置きで補償範囲をもう少し広くしてほしい。(40代男性)

他の通販型の自動車保険の方が保険料が安い

口コミ(女性)

かれこれ10年近く継続契約しています。当初は保険料が一番安い自動車保険だったのですが、今では他にもネット通販型の自動車保険があり、他社の方が保険料が安いようです。自動車保険は無事故であれば掛け捨てになってしまうので、他社への乗り換えを検討しています。(50代女性)

そんぽ24の自動車保険の評判や口コミをまとめると

 カンナ カンナ

そんぽ24の自動車保険の評判や口コミのまとめです。

良い評判や口コミ
  • 親会社が損保ジャパン日本興亜なので安心感がある
  • 非常にコストパフォーマンスの良い自動車保険
  • 目新しさは無いが、補償内容やサービスは他社と比べて遜色ない
  • ホームページにある保険料シミュレーションが簡単で便利
  • 補償内容を決める際に、親身になって相談に乗ってもらえた
  • オペレーターの対応が親切かつ丁寧で安心できる
  • 事故解決までの間、マメに進捗状況を連絡してもらえたので安心できた
  • 当て逃げされて連絡した際に、親切かつ丁寧な対応をしてもらえた
悪い評判や口コミ
  • 車両保険を付けると保険料が一気に高くなってしまう
  • 他の通販型の自動車保険の方が保険料が安い

そんぽ24の自動車保険に関して良い口コミも悪い口コミもありましたが、全体的には良い口コミが多く、保険料の安さ、充実の補償内容、丁寧な顧客対応、大手損保会社のグループ会社であることの安心感、など、総合的に優れた自動車保険であるという声が多かったです。

ということで、あなたもそんぽ24の自動車保険を含めて、ぜひ一度自動車保険の無料一括見積をしてみましょう。以下のページの自動車保険一括見積りサイトは保険会社16社と提携しており、一度の入力でカンタンに複数社から見積りをとって比較検討することができます。

そんぽ24の自動車保険の特徴を徹底解説!

カンナカンナ

そんぽ24の自動車保険の特徴について解説していきます。

損保ジャパン日本興亜の全国ネットワークと連携した安心の事故対応

そんぽ24の自動車保険は、損保ジャパン日本興亜の全国200か所以上の保険金サービス拠点と連携して、充実の事故解決サービスを提供しています。

事故受付は24時間365日対応で、事故の当日もしくは翌日には専門の担当者が専任され、契約者、相手方、その他関係者と打ち合わせを行います。

また、そんぽ24のウェブサイトの「ご契約者専用サイト」から、最新の事故経過情報の確認や事故に関する問い合わせができます。希望者には、対応経過や保険金の支払情報が更新されると、登録メールアドレス宛にメールで連絡が来ます。

24時間365日対応!ロードサービスをすべての契約にセット!

そんぽ24の自動車保険は、ロードサービスがすべての契約にもれなく自動セットされています。

ロードサービスの内容としては、事故や故障時に修理工場等までけん引するレッカーサービス、バッテリー上がり時のジャンピングやガス欠時のガソリン補給などの応急処置、帰宅・宿泊費用のサポート、レンタカー費用サポート、さらにはペットの宿泊費用サポートもあります。

ロードサービスの拠点は全国9500ヶ所以上で、24時間364日いつでも突発的なトラブルに素早く対応します。

主要な補償をセットにしたシンプルでわかりやすい3つのプランを用意

そんぽ24の自動車保険では、主要な補償をセットにしたシンプルでわかりやすい3つのプランが用意されています。

セットプランを選ぶことにより、最低限必要な基本的な補償内容を簡単に選ぶことができますし、希望によりオプション特約を追加することによって、より手厚い補償内容にすることもできます。

車を借りる時も安心!すべての契約に他車運転危険補償特約をセット

そんぽ24の自動車保険は、すべての契約に「他車運転危険補償特約」がセットされています。

「他車運転危険補償特約」とは、一時的に借りた車を自身の車とみなす特約で、対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険および車両保険のうち契約内容にセットされている補償の保険金が支払われます。

例えば、友人の車を借りて運転する場合や、実家の車を借りて運転する場合などにおいて、万が一事故を起こしても、他車運転特約によって自分の保険を優先的に使うことができるわけです。

相手方が無保険の場合に補償される「無保険車傷害保険」をすべての契約にセット

そんぽ24の自動車保険は、すべての契約に「無保険車傷害保険」がセットされています。

「無保険車傷害保険」とは、任意保険に加入していない自動車や、任意保険に加入していても補償内容が不十分である自動車との事故等で、相手から十分な補償を受けられない場合に保険金が支払われる保険です。

任意自動車保険および自動車共済に加入していない車の割合は約12%程度ですが、万が一そのような無保険車と事故になった場合でも安心です。

車両保険は補償範囲の異なる3つのタイプから選ぶことができる

そんぽ24の自動車保険では、車両保険は補償範囲の異なる3つのタイプから選ぶことができます。

以下のように、補償範囲が広い順に「一般」「車対車+A」「車対車」と3つのタイプがあり、補償範囲が広くなるほど保険料が高くなり、狭くなるほど安くなります。

一般 車対車+A 車対車
他の自動車との衝突・接触  〇  〇
火災・爆発  〇 ×
盗難 ×
台風・洪水・高潮  〇 ×
落書・いたずら  〇 ×
物の飛来・落下  〇 ×
自転車との衝突・接触 × ×
電柱・ガードレール等に衝突 × ×
あて逃げ × ×
転覆・墜落 × ×

自転車事故や日常生活の事故で使える保険「個人賠償責任特約」

そんぽ24の自動車保険では、オプションで「個人賠償責任特約」を付けることができます。

「個人賠償責任特約」とは、記名補保険者やその家族が、日本国内で発生した日常生活の偶然な事故によって、他人にケガをさせたり、他人の財物を壊したことにより、法律上の損害賠償責任を負った場合に、保険金が支払われる特約です。

特に自転車事故で加害者となった場合の事例としては、9,521万円の損害賠償命令が出た判例(2013年・神戸地裁)もありますので、本人や家族が自転車に乗る場合は、個人賠償責任特約の加入は必須と言えるでしょう。

もらい事故の場合も安心の「弁護士費用等補償特約」

そんぽ24の自動車保険では、オプションとして「弁護士費用等補償特約」を付けることができます。

「弁護士費用等補償特約」とは、本人やその家族が契約車両で自動車事故などによって死傷したり、財物が損傷するなどの損害を被った場合に、相手方への損害賠償請求をする際に必要な弁護士費用等について、被保険者1名につき300万円を限度に保険金が支払われる特約です。

自動車の事故においては、こちらにも過失がある場合は示談交渉を保険会社の担当者に任せることができますが、こちらが無過失の「もらい事故」などの場合は、保険会社の担当者が示談交渉を行うことはできず、本人か弁護士が相手方の保険会社と交渉することになります。

ですが、自分自身で相手方と交渉するとなると、専門知識も必要になりますし、精神的も肉体的にもかなりの負担になりますし、じゅうぶんな損害賠償金や慰謝料を受け取れずに終わってしまう可能性もあります。

そこで、この弁護士費用等補償特約を利用して専門家である弁護士に相手方との交渉を任せれば、自分自身はケガの治療などに専念できますし、損害賠償金や慰謝料も納得のいく金額を受け取れる可能性が高いわけです。

尚、弁護士費用等補償特約のみを使った場合は、次年度の保険料や等級には影響しません。

原動機付自転車での事故が補償される「ファミリーバイク特約」

そんぽ24の自動車保険では、オプションとして、原動機付自転車の運転中の事故で自分のケガや他人への補償をする「ファミリーバイク特約」を付けることができます。

例えば、原動機付自転車で運転中に他人にぶつかってケガをさせてしまった場合、原動機付自転車で運転中にマンホールでスリップして転倒してケガをした場合などに補償されます。

補償の対象となる原動機付自転車は、二輪の場合は、原動機の総排気量が125cc以下または定格出力が1.00キロワット以下のもの 、三輪以上の場合は、原動機の総排気量が50cc以下または定格出力が0.60キロワット以下のもの 原動機の総排気量が125cc以下または定格出力が1.00キロワット以下のものになり、借用車も対象となります。

補償対象者は、記名被保険者本人とその同居する家族になります。

前年の走行距離実績で保険料が決まるので合理的

そんぽ24では、前年の走行距離実績から保険料を算出しています。

走行距離実績区分は、4,000km未満、8,000km未満、12,000km未満、16,000km未満、16,000km超、の全5区分となっています。

年間走行距離が少ない方にとっても多い方にとっても、より合理的な保険料になるわけです。

インターネット割引、継続お早目割引、ASV割引などの豊富な割引制度

そんぽ24の自動車保険では、以下のように豊富な割引制度があるので、これらを組み合わせることによって、より保険料を安くすることができます。

  • インターネット割引…インターネットから契約した場合は最大10%割引
  • 証券省略割引…保険証券の不発行を選択した場合は保険料を500円割引
  • 運転者限定割引…本人のみ、夫婦のみなど、運転者を限定した場合の割引
  • 継続お早め割引…保険満期日の30日前までに継続手続き完了で保険料500円割引
  • 新車割引…保険始期月が新車登録後25ヶ月以内なら保険料割引
  • 長期優良契約割引…20等級で前契約の保険期間中に無事故なら保険料割引
  • セカンドカー割引…2台目以降契約する車に関して7等級からスタートできる

ぜひあなたに合った割引制度を組み合わせて、保険料を賢く節約しましょう。

国内外20万ヶ所以上の施設が割引価格になる「そんぽ24クラブオフ」

そんぽ24の自動車保険に加入すると、国内外の宿泊施設・レジャー施設など、200,000か所以上の優待施設を特別価格になる「そんぽ24クラブオフ」が利用できます。

「そんぽ24クラブオフ」は年会費無料のインターネット専用サービスです。

この様に、そんぽ24の自動車保険は、ネット通販型の自動車保険でありながら、グループ会社である損保ジャパン日本興亜のサービスネットワーク網や経験や実績を活かし、割安な保険料で充実の補償内容や事故対応能力を実現しています。また、必要な補償だけを選んでムダなものを省くことができたり、豊富な割引制度を組合せることにより、保険料をさらに安くおさえることもできるわけです。

保険料を安くおさえつつも、安心感のある大手損保ブランドを選びたいという方にとっては、うってつけの自動車保険と言えます。

ぜひあなたも一度、そんぽ24を含め、自動車保険の無料一括見積をしてみましょう。

そんぽ24の自動車保険はこんな方におすすめ

カンナカンナ

そんぽ24の自動車保険は以下のような方におすすめです。

  • 大手損保グループのサービスを受けつつも保険料を安くおさえたい方
  • 保険料を安くおさえつつもじゅうぶんな補償内容を付けたい方
  • 必要最低限の補償内容にして保険料をできるだけ安くおさえたい方
  • 保険料が安くて万全の事故対応ができる自動車保険を選びたい方
  • 外資系ではなく、何かと安心できる国内大手グループの自動車保険を選びたい方
  • 代理店型からネット通販型の保険に切り替えるにあたって、どれを選べば良い迷っている方
  • はじめて自動車保険に加入するにあたって、どれを選べば良いか迷っている方
  • 旅行やレジャーで車をよく利用する方
  • 初度登録年月から25ヶ月以内の新車に乗っている方

もしあなたが上記のいずれかに当てはまるのであれば、そんぽ24の自動車保険が適している可能性があります。

尚、あなたにとって最適な自動車保険を選ぶためには、最大16社に無料で一括見積できる以下のサイトで見積依頼をした上で比較検討することをオススメします。

 

そんぽ24の自動車保険に関するQ&A

Q:そんぽ24はクレジットカードで保険料を支払うこともできる?

A:可能です。そんぽ24では契約者本人、契約者の配偶者または契約者の同居の親族のクレジットカードで保険料が支払うことができます。

取り扱いクレジットカードは以下の通りです。

Q:そんぽ24のロードサービスのレッカーサービスは何kmまで無料なの?

A:そんぽ24が指定する修理工場までなら距離の制限はありません。ただし、契約者が指定する修理工場までの場合はけん引距離が100kmまでが無料になります。

指定する修理工場までの場合に50kmを超過した場合の超過料金の目安は1kmにつき400円(税別)です。ただし、車の大きさ・重量・車種などで料金が異なる場合があります。

ソニー損保の調査によると、「レッカーサービスを利用する人の95%以上は50km以内の利用」というデータがありますので、多くの場合は無料で済むと思われます。

Q:そんぽ24のスマートフォンアプリはどこで入手するの?

A:そんぽ24ではスマートフォンにインストールするタイプのアプリはりませんが、以下のスマートフォン専用サイトがあります。

そんぽ24 スマートフォン専用サイト

スマートフォン専用サイトでは、新規見積り・申込み、継続・契約内容の変更、事故・故障時の連絡(GPS位置特定サービス)といったメニューを利用できます。

あなたにとって一番安い自動車保険を選ぶ方法とは!?

あなたは、ご自分にとって保険料が安くて最適な自動車保険を選ぶことができていますか?

以下の自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」を利用すれば、複数の保険会社への見積り依頼と比較検討が手軽にできるので、あなたにとって一番安くて最適な自動車保険をカンタンに選ぶことができます。

この自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」は、全16社の保険会社と提携しており、たった3分程度の入力作業をするだけで複数の会社へ一括見積り依頼をすることができます。

また、「即時計算機能」により、見積り条件を入力したら、すぐにウェブ上で各保険会社の見積り結果を見ることができます。


さらに、「見積り比較機能」で、各保険会社からの見積り結果を一覧で管理することできるので、どの保険会社があなたにとって一番安くて最適なのかが一目でわかります。


もちろん、このサイトは完全無料で利用することができますし、電話やメールなどによるセールスや勧誘は一切ありませんので、安心してご利用ください。

あなたも今すぐ運転免許証と保険証券または車検証をお手元に用意して、「保険スクエアbang!」で一括見積り依頼してみましょう。