三井ダイレクト損保の自動車保険の評判や口コミを徹底紹介!

今回の記事では、三井ダイレクト損保の自動車保険の評判や口コミの紹介、さらには特徴についてお話していきます。

マサキマサキ

三井ダイレクト損保と言えば、TVCMに出演している女優の本田翼が美人過ぎる(笑) 「三井」ってことは三井住友海上と同じグループ会社なのかな?実際にここの自動車保険を利用している人の評判や口コミはどうなんだろう?

カンナカンナ

マサキさん、本田翼さんが好きなんですね(笑) 三井ダイレクト損保は、三大メガ損保の1つであるMS&ADホールディングスの傘下のダイレクト型損保会社で、あいおい同和ニッセイ損保や三井住友海上保険と同じグループ会社になります。そんな三井ダイレクト損保の自動車保険について、実際に利用している方の評判や口コミを見ていきましょう。

三井ダイレクト損保の自動車保険の評判や口コミってどう?

三井ダイレクト損保の自動車保険のネット上の評判や口コミで、良いもの悪いものをご紹介していきます。

三井ダイレクト損保の自動車保険の良い評判や口コミ

保険料と補償内容のバランスが優れている自動車保険

口コミ(男性)

自動車保険の一括見積りサイトを使って12社から見積りをとってみたが、保険料は他社と比べてみて1、2を争う安さだった。ネット通販型の自動車保険ではあるが、補償内容についても他社に見劣りしている点は無く、総合的にみて非常にコストパフォーマンスが優れていると感じた。また、ロードサービスがすべての契約に自動セットされており、サービス内容もじゅうぶん満足できるものだった。保険料と補償内容のバランスが優れている自動車保険だと思う。(50代男性)

車両保険も付けても年間保険料が2万円台だった

口コミ(女性)

軽自動車からミニバンへ車を買い替えた際に、他社から三井ダイレクト損保へ切り替えました。以前の車よりも料率クラスが上がって、補償内容も厚くしたにもかかわらず、保険料が安くなりました。車両保険も付けても2万円台の保険料でしたので、コスパはかなり良いと思います。(40代女性)

保険料は安いが、コールセンターの対応や事故対応も良い

口コミ(男性)

ネット通販型の自動車保険なので、人件費や代理店などの中間マージンをカットして割安な保険料を実現している。ネットだけで申込みが完結するので、わざわざ店舗へ行く手間や時間が省けるのも良い。保険料の安いネット通販型の自動車保険だと、コールセンターの対応や事故対応などに不安があったが、今のところ不満は無い。むしろ対応は良いと言っていいだろう。10代20代は保険料が高くなりがちなので、三井ダイレクトのような安いネット通販型の自動車保険で補償内容を充実させるのがおすすめ。(20代男性)

年間の保険料が12万円も安くなった

口コミ(男性)

普段は電車通勤で週末ぐらいにしか車に乗らないため、とにかく車の維持費や保険料は安くおさえたいと考え、ダイレクト型の自動車保険の中から選びました。以前は代理店型の自動車保険に加入していましたが、三井ダイレクトに乗り換えてから、ほとんど同じ補償内容で年間の保険料が12万円も安くなりました。私のように都市部に住んでいて平日はあまり車に乗らないという方は、保険料が安い自動車保険を選んだ方が断然コストパフォーマンスが良いと思います。(30代男性)

全ての契約にロードサービスが無料で付いているので心強い

口コミ(女性)

他社だとロードサービスがオプションで有料になる場合もありますが、三井ダイレクトでは車両保険の有無に関わらず全ての契約にロードサービスが無料で付いてきます。24時間365日対応で、トラブル時のレッカーサービス、現場での車両メンテナンス、遠方でトラブルにあった場合は、レンタカーやガソリンのお届けサービスなど、充実のサービス内容でトラブル時も心強いです。補償内容は自分のライフスタイルに合った内容にカスタマイズして選ぶことができるため、ムダの無い補償内容にすることができ、大幅に保険料を節約することができます。(50代女性)

必要最低限な補償だけを選ぶことができ、保険料の節約ができる

口コミ(男性)

他のネット通販型の自動車保険と補償内容を比較してみても、特に不足している補償は無く一通り必要なものは揃っていると言える。また、自分にとって必要最低限な補償だけを選ぶことができるので、保険料の節約ができる。必要な補償を付けつつ保険料を安くおさえることができるので、不満はまったく感じない。また、大手損保のグループ会社という安心感もある。(40代男性)

いつ電話しても丁寧に対応してもらえるので安心できる

口コミ(女性)

通販型の自動車保険なので顧客対応面で不安がありましたが、いつ電話しても丁寧に対応していただき感心されられることも多いです。今のところ事故には遭っていませんが、いつも電話での非常に対応が良いので、万が一の時にも安心であると感じています。また、契約更新の案内を3ヶ月ほど前に送ってくれて、今の補償内容を継続した場合の保険料と新しいプランにした場合の保険料を比較した見積書が届くので、忘れずに更新することができます。不満は全くないのでしばらくは契約更新するつもりです。(50代女性)

事故連絡した時に冷静に対処することができ、保険金の支払いも迅速だった

口コミ(男性)

遠方で事故にあって連絡をした際に、最初は私は気が動転して頭が真っ白になっていましたが、オペレーターの方が落ち着かせてくれて助かりました。私の話を最後までしっかりと聞いてくれて、その上で簡潔に要点をまとめて確認してもらえたので冷静に対処することができました。保険金の請求や支払いに関しても迅速で、必要書類もわかりやすくまとめられているのですぐに記入することができました。電話でのやりとりは必要最低限でしたが、無事保険金を受け取ることもでき、大変満足しています。(30代男性)

三井ダイレクト損保の自動車保険の悪い評判や口コミ

他のネット通販型の自動車保険と比べてそれほど保険料の差が無い

口コミ(男性)

代理店型の自動車保険と比べると、かなり保険料が安いのですが、他のネット通販型の自動車保険と比べるとそれほど保険料の差がありません。欲を言えば、あと1~2割程度安くなれば嬉しいです。とはいえ、あまりに安すぎると今後は補償内容や事故対応などのサービス面に不安が出てくるので、ここらへんが妥当な金額なのかもしれません。(40代男性)

ガソリン無料サービスの利用は自宅から50km以上離れていることが条件

口コミ(女性)

ロードサービスが無料で付いてくるのは嬉しいが、ガス欠時のガソリン無料サービスを利用しようとしたところ、自宅から50km以上離れていないと使えないとのことだった。悪用する人もいるらしいのでそのための条件だとは思うが、事前にわかっていればもう少し納得できたと思う。(50代女性)

三井ダイレクト損保の自動車保険の評判や口コミをまとめると

 カンナ カンナ

三井ダイレクト損保の自動車保険の評判や口コミのまとめです。

良い評判や口コミ
  • 保険料と補償内容のバランスが優れている自動車保険
  • ネットだけで申込みが完結するので、わざわざ店舗へ行く手間や時間が省ける
  • 全ての契約にロードサービスが無料で付いている
  • 自分にとって必要最低限な補償だけを選ぶことができるので、保険料の節約ができる
  • 電話対応が丁寧で安心できる
  • 契約更新の案内を3ヶ月ほど前に送ってくれるので、忘れずに更新することができる
  • 事故時の対応が丁寧なので、冷静に対処することができる
  • 保険金の支払いがスピーディーだった
悪い評判や口コミ
  • 他のネット通販型の自動車保険と比べてそれほど保険料の差が無い
  • ガソリン無料サービスの利用は自宅から50km以上離れていることが条件になっている

三井ダイレクト損保の自動車保険に関して良い口コミも悪い口コミもありましたが、全体的には良い口コミが多く、保険料の安さ、充実の補償内容やロードサービス、丁寧で優れた顧客対応、事故対応や保険金の支払いのの迅速さなど、総合的に優れた自動車保険であるという声が多かったです。

ということで、あなたも三井ダイレクト損保の自動車保険を含めて、ぜひ一度自動車保険の無料一括見積をしてみましょう。以下のページの自動車保険一括見積りサイトは保険会社16社と提携しており、一度の入力でカンタンに複数社から見積りをとって比較検討することができます。

三井ダイレクト損保の自動車保険の特徴を徹底解説!

カンナカンナ

三井ダイレクト損保の自動車保険の特徴について解説していきます。

三井住友海上の経験や実績を活かした安心の事故解決力

三井ダイレクト損保は、国内三大メガ損保グループの1つであるMS&ADインシュアランス グループの傘下にあり、同じグループ会社である三井住友海上と同じ事故受付センターを活用しています。

また、事故や損害状況の確認に関しても、三井住友海上が提携している全国各地の調査会社や鑑定事務所を活用しており、同社の経験や実績を活かした安心の事故解決力に定評があります。

三井住友海上の全国のサービスネットワーク網が使える

三井ダイレクト損保は、同じグループ会社である三井住友海上の全国のサービスネットワーク網(事故対応サービスセンター12ヶ所、損害調査ネットワーク約480ヶ所、指定整備工場約2,100ヶ所、弁護士ネットワーク約160事務所、ロードサービス約3,800ヶ所 )を使うことができます。

これにより、24時間365日、全国どこで事故に遭ったとしても、早急に対応してもらうことが可能です。

事故対応満足度は92.2%!多くのユーザーから高評価を得ている

三井ダイレクト損保では、保険金の支払いをした契約者に対して、事故対応サービスに関するアンケート調査を行っており、そのうちの92.2%が「満足」「どちらかといえば満足」と回答しており、多くのユーザーから高い評価を得ています。

1事故専任担当制、被害事故でも専任担当が親身になってサポート!

三井ダイレクトでは、1事故ごとに人身事故・物件事故の専任スタッフが担当しており、契約者のニーズに合わせて、きめ細かく対応してもらうことができます。専任スタッフが不在時であっても、チームスタッフがしっかりと対応してくれますので安心です。こちらが加害者である場合は相手方との示談交渉を任せることができます。

また、被害事故についても、専任スタッフ付いてが親身になってサポートしてもらえます。被害事故の場合は「非弁行為」となるので、保険会社の担当者に示談交渉を代わってもらうことはできないのですが、経験豊富なスタッフに親身になって相談にのってもらえるので安心です。

14ヶ国語対応!三者間通話を使った「多言語事故対応サービス」

近年では、訪日外国人が増加しており、外国人の方のドライバーも増えてきています。そこで、三井ダイレクト損保では、事故の相手方が外国人や日本語に不自由な方であっても、三者間通話を行い、円滑に事故対応を進めることができます。

対応言語としては、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、インドネシア語、タイ語、タガログ語、ベトナム語、ネパール語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ロシア語、の14カ国語に対応しています。

万が一、事故の相手方が外国人の方であっても、正しくコミュニケーションをすることができるので安心です。

24時間365日の事故受付、安心の事故対応時間

三井ダイレクト損保の自動車保険は、24時間365日事故受付しており、さらには初期対応(事故受付後の相手方への連絡、修理工場や医療機関等への連絡、および対応結果の報告)の対応時間も平日・休日ともに9:00~19:00まで対応しています。

土日・祝日・年末年始、いつ事故にあっても、事故受付や事故対応してもらうことができます。

充実のロードサービスがすべての契約に無料でセットされている!

保険会社によってはロードサービスはオプションとなり別途料金がかかる場合がありますが、三井ダイレクト損保では、すべての契約にロードサービスが無料でセットされています。

サービス内容は、レッカーサービス、車両トラブル緊急対応サービス、相談・情報提供サービス等といったように充実しており、全国にある約3,800ヶ所のロードサービス拠点から、24時間365日現場に駆け付けてもらえます。

また、契約2年目以降は、自宅から50km以上の遠方でのサービスメニュー(ガソリン10リットル無料給油サービス、レンタカー12時間無料サービス)がプラスされます。

尚、ロードサービスのみを使った場合は、次年度の保険料や等級には影響しません。

他車運転特約が自動セットされているので、車を借りて運転する場合も安心

「他車運転特約」とは、一時的に借りた車を自身の車とみなす特約です。

例えば、友人の車を借りて運転する場合や、実家の車を借りて運転する場合などにおいて、万が一事故を起こしても、他車運転特約によって自分の保険を優先的に使うことができるわけです。

三井ダイレクト損保の自動車保険には自動でセットされているので、車を借りて事故を起こした際に、借りた車の自動車保険を使わずに、自身の契約している対人・対物賠償保険、車両保険などといった保険を、優先的に使うことができるわけです。

もらい事故でも安心の「弁護士費用補償特約」

自動車の事故においては、加害者になった場合は示談交渉を保険会社の担当者に任せることができますが、「もらい事故」などの被害者になった場合は、保険会社の担当者が示談交渉を行うことはできず、本人か弁護士が相手方の保険会社と交渉することになります。

ですが、自分自身で相手方と交渉するとなると、専門知識も必要になりますし、精神的も肉体的にもかなりの負担になりますし、じゅうぶんな損害賠償金や慰謝料を受け取れずに終わってしまう可能性もあります。

そこで専門家である弁護士に相手方との交渉を任せれば、自分自身はケガの治療などに専念できますし、損害賠償金や慰謝料も納得のいく金額を受け取れる可能性が高いわけです。

そして、多くの自動車保険には「弁護士費用補償特約」というものがあり、これを付けることによって、弁護士への報酬金や法律相談料、訴訟費用などをカバーすることができます。

三井ダイレクト損保においても、オプションとして「弁護士費用補償特約」を付けることができ、本人やその家族が契約車両で自動車被害事故にあった場合、相手方との交渉を弁護士に依頼した際に必要となる損害賠償請求費用について、実際の負担額について保険金が支払われます。

保険金額としては、1回の事故につき、弁護士費用等は被保険者1名あたり300万円、法律相談費用等は被保険者1名あたり10万円、が限度となっています。

尚、弁護士費用補償特約のみを使った場合は、次年度の保険料や等級には影響しません。

原付バイクでの事故が補償される「ファミリーバイク特約」

三井ダイレクト損保の自動車保険では、オプションとして、原付バイクの運転中の事故で自分のケガや他人への補償をする「ファミリーバイク特約」を付けることができます。

例えば、原付バイクで運転中に他人にぶつかってケガをさせてしまった場合、原付バイクで運転中にマンホールでスリップして転倒してケガをした場合などに補償されます。

補償の対象となる原付バイクは、総排気量125cc以下の原動機付自転車(借用車も対象)になります。

補償対象者は、記名被保険者とその家族が補償されます。

走行距離実績区分が細かく設定されているので、保険料が合理的

三井ダイレクト損保では、前年の走行距離実績から保険料を算出しています。

多くの保険会社では4~5種類程度の走行距離実績区分から選ぶことになりますが、三井ダイレクト損保では、全13区分(3,000km以下/5,000km以下/6,000km以下/7,000km以下/8,000km以下/9,000以下/10,000km以下/11,000以下/12,000km以下/13,000以下/15,000km以下/20,000km以下/20,000km超)に細かく設定されているので、より自分に合った区分を選ぶことができます、

ですから、年間走行距離が少ない方にとっても多い方にとっても、より合理的な保険料になるわけです。

インターネット割引、継続割引、ASV割引などの豊富な割引制度

三井ダイレクト損保の自動車保険では、以下のように豊富な割引制度があるので、これらを組み合わせることによって、より保険料を安くすることができます。

  • インターネット割引…インターネットからの新規申込みで最大10,500円割引
  • 運転者限定割引…本人のみ、夫婦のみなど、運転者を限定した場合の割引
  • 新車割引…保険始期月が新車登録後25ヶ月以内なら保険料割引
  • 継続割引…継続契約した場合、回数に応じて割引(1回目:1.0%、2回目:1.5%、3回目以降:2.0%)
  • ASV割引(自動ブレーキ割引)…自動ブレーキが装着さてれいて一定の基準を満たせば割引
  • ECO割引…契約車両がハイブリッド車や電気自動車で一定の基準を満たせば割引
  • eサービス(証券不発行)割引…保険証券の発行をしなければ500円割引
  • セカンドカー割引…2台目以降契約する車に関して7等級からスタートできる
  • ご紹介割引…別の契約者からの紹介で契約した場合は2000円割引

ぜひあなたに合った割引制度を組み合わせて、保険料を賢く節約しましょう。

便利な7つの機能!「三井ダイレクト損保アプリ」

三井ダイレクト損保では、便利な7つの機能(①ドライブレコーダー付ドライブ診断、②ドライブ適性診断、③渋滞学検定、④三井ダイレクト損保クラブオフクーポン、⑤三井ダイレクト損保スマイル基金、⑥契約確認・継続手続き、⑦事故や故障の連絡先)が利用できるスマートフォンアプリ「三井ダイレクト損保アプリ」を無料で利用することができます。

このアプリには、スマートフォンのGPS機能を活用したメニューもあり、見知らぬ場所で車のトラブルが発生した場合は、「ロードサービス位置情報送信」をすることで位置情報を特定してロードサービスセンターにすぐに通知することができたり、「ドライブ診断」で運転結果が高得点の場合は、優待クーポンがプレゼントされたりと、楽しみながらで安全運転に繋げることができます。

尚、アプリは、三井ダイレクト損保の契約者だけでなく、誰でもダウンロードして利用することができます。

国内外20万ヶ所以上の施設が割引価格になる「三井ダイレクト損保クラブオフ」

三井ダイレクト損保の契約者は、国内外20万ヶ所以上の宿泊施設やレジャー施設等を特別割引価格で利用できる「三井ダイレクト損保クラブオフ」を利用することができます。

 

この様に、三井ダイレクト損保の自動車保険は、ネット通販型の自動車保険でありながら、グループ会社である三井住友海上のサービスネットワーク網や経験や実績を活かし、割安な保険料で充実の補償内容や事故対応能力を実現しています。また、必要な補償だけを選んでムダなものを省くことができたり、豊富な割引制度を組合せることにより、保険料をさらに安くおさえることもできるわけです。

保険料を安くおさえつつも、安心感のある大手損保ブランドを選びたいという方にとっては、うってつけの自動車保険と言えます。

ぜひあなたも一度、三井ダイレクト損保を含め、自動車保険の無料一括見積をしてみましょう。

三井ダイレクト損保の自動車保険はこんな方におすすめ

カンナカンナ

三井ダイレクト損保の自動車保険は以下のような方におすすめです。

  • 大手損保グループのサービスを受けつつも保険料を安くおさえたい方
  • 保険料を安くおさえつつもじゅうぶんな補償内容を付けたい方
  • 必要最低限の補償内容にして保険料をできるだけ安くおさえたい方
  • 保険料が安くて万全の事故対応ができる自動車保険を選びたい方
  • 外資系ではなく、何かと安心できる国内大手グループの自動車保険を選びたい方
  • 代理店型からネット通販型の保険に切り替えるにあたって、どれを選べば良い迷っている方
  • はじめて自動車保険に加入するにあたって、どれを選べば良いか迷っている方
  • 旅行やレジャーで車をよく利用する方
  • 初度登録年月から25ヶ月以内の新車に乗っている方

もしあなたが上記のいずれかに当てはまるのであれば、三井ダイレクト損保の自動車保険が適している可能性があります。

尚、あなたにとって最適な自動車保険を選ぶためには、最大16社に無料で一括見積できる以下のサイトで見積依頼をした上で比較検討することをオススメします。

 

三井ダイレクト損保の自動車保険に関するQ&A

Q:三井ダイレクト損保はクレジットカードで保険料を支払うこともできる?

A:可能です。三井ダイレクト損保では契約者本人または同居親族名義のクレジットカードで保険料が支払うことができ、年払い、月払いのいずれかを選ぶことができます。

取り扱いクレジットカードは、VISA・Master・三井住友・UFJ・NICOS・OMC・楽天カード・AMEX・JCB・ダイナースになります。

クレジットカードで保険料の支払いをした場合の引き落とし日に関しては、ご利用のクレジットカード会社に確認する必要があります。

Q:車両保険を安くおさえたいが限定タイプもある?

A:あります。三井ダイレクト損保の車両保険には「一般タイプ」と「限定タイプ」とがあり、限定タイプは補償される範囲が狭くなりますが、その分保険料は安くなります。

補償範囲 一般タイプ 限定タイプ
火災・爆発
車対車
他の車(原動機付自転車を含む)との衝突・接触 △(注2)
他の車(原動機付自転車を含む)以外との衝突・接触(注1) ×
台風・洪水・高潮
盗難
いたずら・落書き
当て逃げ ×
窓ガラスの破損
飛び石
地震・噴火・津波 × ×

(注1)車庫入れの失敗、電柱・ガードレール等への衝突・接触、歩行者・自転車との事故などを指します。
(注2)登録番号等およびその運転者または所有者の住所・氏名が確認できた場合のみ補償されます。

Q:三井ダイレクト損保のロードサービスのレッカーサービスは何kmまで無料なの?

A:三井ダイレクト損保が指定する修理工場までなら距離の制限はありません。ただし、契約者が指定する修理工場までの場合はけん引距離が50kmまでが無料になります。

指定する修理工場までの場合に50kmを超過した場合の超過料金の目安は1kmにつき400円(税別)です。ただし、車の大きさ・重量・車種などで料金が異なる場合があります。

Q:三井ダイレクト損保のスマートフォンアプリはどこで入手するの?

A:三井ダイレクト損保のスマートフォンアプリ「三井ダイレクト損保アプリ」は、iPhoneをご利用の場合はApp Storeから、Androidをご利用の場合はGoogle Playストアから、「三井ダイレクト損保アプリ」で検索すれば、ダウンロードすることができます。

あなたにとって一番安い自動車保険を選ぶ方法とは!?

あなたは、ご自分にとって保険料が安くて最適な自動車保険を選ぶことができていますか?

以下の自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」を利用すれば、複数の保険会社への見積り依頼と比較検討が手軽にできるので、あなたにとって一番安くて最適な自動車保険をカンタンに選ぶことができます。

この自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」は、全16社の保険会社と提携しており、たった3分程度の入力作業をするだけで複数の会社へ一括見積り依頼をすることができます。

また、「即時計算機能」により、見積り条件を入力したら、すぐにウェブ上で各保険会社の見積り結果を見ることができます。


さらに、「見積り比較機能」で、各保険会社からの見積り結果を一覧で管理することできるので、どの保険会社があなたにとって一番安くて最適なのかが一目でわかります。


もちろん、このサイトは完全無料で利用することができますし、電話やメールなどによるセールスや勧誘は一切ありませんので、安心してご利用ください。

あなたも今すぐ運転免許証と保険証券または車検証をお手元に用意して、「保険スクエアbang!」で一括見積り依頼してみましょう。