あいおいニッセイの自動車保険「タフ・クルマの保険」の評判や口コミを紹介

今回の記事では、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」の評判や口コミの紹介、さらには特徴についてお話していきます。

マサキマサキ

あいおいニッセイ同和損保と言えば、東京海上日動や損保ジャパンなどと並ぶ大手の損保会社だよね。ここの自動車保険に加入している人は多いだろうけど、実際の評判や口コミはどうなんだろう?

カンナカンナ

そうですね。あいおいニッセイ同和損保は、東京海上日動、損保ジャパン、三井住友海上と並んで、国内の4大損保会社の一角です。そんなあいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」について、実際に利用している方の評判や口コミはどうなのか見ていきましょう。

あいおいニッセイ同和損保のの自動車保険「タフ・クルマの保険」の評判や口コミ

あいおいニッセイ同和損保のの自動車保険「タフ・クルマの保険」のネット上の評判や口コミについて、良い評判・悪い評判、それぞれご紹介していきます。

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」の良い評判や口コミ

基本補償に加えて様々な特約が自動セットされているので、妥当な保険料だと思う

口コミ(男性)

はじめて車を購入した時にディーラーからすすめられて加入して以来、15年以上あいおいの自動車保険です。ネット通販型の自動車保険と比べると保険料が高いのかもしれませんが、基本補償に加えて様々な特約が自動セットされていることを考慮すれば、妥当な保険料だと思います。(50代男性)

保険会社と代理店の双方から手厚いサポートをしてもらえる

口コミ(女性)

いつも利用している自動車整備工場が保険代理店も兼ねており、そこで熱心にすすめられて、あいおいの自動車保険に加入しました。事故やトラブル時に代理店(自動車整備工場)に連絡すると、いつも代理店の方が現場へ駆けつけてくれて、相手方とのやりとりをサポートしてくれたり、レッカーを手配して車を工場まで運んでくれて修理してもらえるので大変助かっています。保険会社と代理店の双方から手厚いサポートをしてもらえるのは、代理店型自動車保険のメリットだと思います。(60代女性)

通販型の自動車保険より保険料は高いが、そのぶん補償内容が手厚い

口コミ(男性)

通販型の自動車保険と比べると保険料は高くなるが、そのぶんより手厚い補償内容になっているように感じる、例えば、対人賠償保険には相手の過失分についても保険金が支払われる対歩行者等障害特約が自動セットされているが、このような特約は通販型には無い。保険料が高いと言っても年間数万円程度の差なので、万が一の事態を考えれば安いものだと思う。また、国内大手損保会社の自動車保険なので安心感もある。(40代男性)

保険会社や代理店から丁寧に説明してもらい、プランを決めることができる

口コミ(女性)

かれこれ30年以上契約していますが、更新時期の数カ月前になると毎年DMの案内が届きます。現在の契約内容だけでなく、おすすめの契約内容も記載されているので、比較しながら自分でプランが選択できる点はありがたいです。DMが届いてからしばらくすると、代理店の方からもプランの説明をしていただけるので、より理解が深まり、自分に合った補償内容を迷うことなく決めることができます。ちょっとした質問に対しても丁寧にわかりやすく説明していただけるのでありがたいです。(40代女性)

オペレーターの女性の顧客対応のレベルが高い

口コミ(男性)

補償やサービス内容については、ホームページに用語説明やアニメーション動画やなどでわかりやすく解説されており、すぐに理解することができた。また、不明点について電話で問い合わせたところ、オペレーターの女性が丁寧かつ親切に教えてくださり、大手損保会社の顧客対応レベルの高さに感心させられた。(30代男性)

初期対応から保険金の支払いまで、終始安心して任せることができた

口コミ(女性)

事故を起こして電話連絡したところ、こちらが不安な気持ちで一杯だった中、オペレーターの方が落ち着かせてくれようととても丁寧な対応をしていただくことができました。また、相手の方ともその場で直接話していただくことができ、レンタカー修理工場への手配なども迅速にすすめていただきました。その後も保険金が支払われるまでの間にマメに連絡をくださり、今後の等級や保険料についてもわかりやく説明していただきました。相手の方も納得してくださり、結局10日ほどで事故解決をすることができました。初期対応から保険金の支払いまで、終始安心してお任せすることができ、満足しております。(50代女性)

コールセンターのオペレーターの的確な指示で冷静に対処することができた

口コミ(男性)

駐車中に相手方を特定できない「もらい事故」を過去2回経験したことがあります。その際にコールセンターへ電話連絡したところ、オペレーターの女性の対応が非常に物腰柔らかく、それでいて的確な指示をいただくことができ、冷静に対処することができました。今後の流れや、申請書類の記載方法、保険金が支払われるまでの期間など、こちらの疑問についても、丁寧にわかりやすく説明していただけました。車両保険に無過失事故特約が付いていたので、等級に影響が無かった点も良かったです。(60代男性)

事故の際、代理店の担当者に全て処理してもらうことができた

口コミ(男性)

自動車同士の事故を起こしてした時、はじめての経験だったということもあり、頭の中が真っ白になって何をしたら良いのか全くわからない状態になりました。咄嗟にダッシュボードの中に入っていた保険代理店の担当者の名刺を取り出し、電話をしました。担当者は私の話をしっかりと聞いてくれた上で、「大丈夫ですよ。すべて我々で処理しますので、安心してください。」と声をかけていただき、とても安心することができました。私はその後は相手の方とは全く接触はありませんでしたが、保険金の支払いまですべて処理していただけました。やはり、いざという時は代理店型の自動車保険は心強いと思います。(30代男性)

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」の悪い評判や口コミ

事故にあって代理店の担当者に電話したが、出てもらえなかった

口コミ(男性)

連休中に事故に遭い、代理店の担当者に連絡したところ電話に出てもらえず、直接保険会社へ連絡した。保険会社の担当者が事故処理をしてくれたが、これでは代理店に高い手数料を払っている意味が無い。代理店の介在しない保険料の安い通販型の自動車保険に切り替えようか検討している。(40代男性)

通販型や外資系の自動車保険と比べると保険料が割高

口コミ(女性)

大手の自動車保険なので安心感はありますが、やはり最近流行りの通販型や外資系の自動車保険と比べると保険料が割高なので、家計への負担が大きいです。今は通販型の自動車保険でもかなり補償内容やロードサービスが充実しているようなので、次の更新時には乗り換えようか悩んでいます。(40代女性)

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」の評判や口コミをまとめると

 カンナ カンナ

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」の評判や口コミのまとめです。

良い評判や口コミ
  • 基本補償に加えて様々な特約が自動セットされているので、妥当な保険料だと思う
  • 保険会社と代理店の双方から手厚いサポートをしてもらえる
  • 通販型の自動車保険より保険料は高いが、そのぶん補償内容が手厚い
  • 国内大手損保会社の自動車保険なので安心感がある
  • 事故対応オペレーターの顧客対応のレベルが高い
  • 事故の際、初期対応から保険金の支払いまで、終始安心して任せることができた
  • ホームページで補償内容やサービス内容についてわかりやすく解説されている
  • もらい事故にあったが、車両保険に無過失事故特約が付いていたので、等級に影響が無かった
悪い評判や口コミ
  • 事故にあって代理店の担当者に電話したが、出てもらえなかった
  • 通販型や外資系の自動車保険と比べると保険料が割高

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」は、良い口コミとしては、保険会社と代理店の双方から手厚いサポートが受けられる、国内大手損保の自動車保険という安心感、充実の補償内容やサービス、丁寧な顧客対応、確かな事故解決能力、などといった点が目立ちました。一方、悪い口コミとしては、やはり通販型に比べて保険料が割高である、という声が多いです。

国内大手の代理店型の自動車保険にこだわりたいという方であれば、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」は1つの選択肢と言えるでしょう。

ということで、あなたもあいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」を含めて、ぜひ一度自動車保険の無料一括見積をしてみましょう。以下のページの自動車保険一括見積りサイトは保険会社16社と提携しており、一度の入力でカンタンに複数社から見積りをとって比較検討することができます。

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」の特徴

カンナカンナ

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」の特徴について解説していきます。

安心の事故対応、事故発生から解決まで24時間365日全力サポート

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」では、24時間365日対応で事故連絡を受け付けています。また、事故受付だけでなく、事故現場における初期対応や相手方との示談交渉に関しても、夜間休日を問わず対応しています。

事故発生から保険金が支払われて事故が解決するまで、24時間365日対応で全力でサポートしてもらうことができます。

すべての契約にロードサービス「ロードアシスタンス」が自動セット

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」では、すべての保険契約にロードサービス「ロードアシスタンス」が自動セットされています。

ロードアシスタンスのサービス内容としては、修理工場などまでの搬送や、落輪時の路面への引き戻し作業などを行う「レッカー現場急行サポート」、バッテリー上がりやガス欠などの応急作業をする「クイック修理サービス」、帰宅・宿泊費用補償サービス、修理後の運搬・引取費用補償サービス、レンタカー提供サービス、などがあります。

ロードアシスタンスは24時間365日利用することができ、どんな時でもサービススタッフが現場に急行します。

対人賠償保険に「対歩行者等傷害特約」が自動セットされている

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」には、対人賠償保険に「対歩行者等傷害特約」が自動セットされているのが特徴的です。

「対歩行者等傷害特約」とは、契約車両の自動車事故によって、歩行中や自転車(原動機付自転車を除く)乗車中の人を死亡させたか、ケガにより入院させた場合に、対人賠償保険で補償されない相手方の過失部分を含んだ損害の額を補償する特約です。

 

この特約によって相手方の過失部分についても補償されるので、示談交渉の時間がかからずにスピード解決することが可能になるわけです。

対物賠償保険に「対物超過修理費用特約」が自動セットされている

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」には、対人賠償保険に「対物超過修理費用特約」が自動セットされています。

「対物超過修理費用特約」とは、契約車両の対物事故による相手方の車の実際の修理費が、相手方の車の時価額を上回った場合に、修理費と時価額の差額に責任割合を乗じた額を、1事故1台につき50万円を限度に支払われる特約です。

例えば、契約者がわき見運転として、信号待ちで止まっていたCさんの車に追突。Cさんの車の時価額は30万円だったが、実際の修理費用が50万円かかったとします。

この場合、修理費用50万円のうち、時価額の30万円分は対物賠償保険で補償され、残りの20万円については、対物超過修理費用特約で補償されることになります。

この特約によって、相手方の車の修理費用が時価額を上回る場合であってもカバーすることができるので、よりスピード解決することが可能になるわけです。

友人や知人の車を借りる場合も安心!他車運転特約を自動セット

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」には、「他車運転特約」が自動セットされています。

他車運転特約とは、記名被保険者またはその家族が、他人の車を臨時に借用して運転しているときに起こした対人事故・対物事故・自損傷害事故 ・車両事故について、他人の車を契約車両とみなして、契約車両の保険契約の条件に従い保険金が支払われる特約です。

例えば、友人の車を借りて自動車事故を起こした場合などにおいて、他車運転特約によって、車の持ち主である友人の加入している自動車保険を使わずに、自分の自動車保険を優先的に使うことができます。

本人や家族のケガを補償する「人身傷害保険」が自動セット

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」には、すべての保険契約に、本人や家族の身体の補償をする「人身傷害保険」が自動セットされています。

人身傷害保険には、補償範囲の異なる3つのタイプがあり、契約車両に乗車中の事故のみを補償する「ご契約のお車搭乗中のみ」タイプ、他人の車に乗車中の事故も補償する「自動車事故」タイプ、歩行中や自転車乗車中など自動車事故以外の交通事故も補償する「交通事故」タイプ、のいずれかを選ぶことができます。

また、オプションとして、差額ベッド費用等を補償する「入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約」、治療日数や傷害の部位・症状に応じて一時金が支払われる「傷害一時金特約」、といった特約を付けることもできます。

車両保険にオプションとして「新車特約」を付けることができる

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」は、オプションとして車両保険に「新車特約」を付けることができます。

「新車特約」とは、事故によって契約車両を新しく買い替えた場合に、その購入費用が支払われる特約です。

自転車事故や日常生活の事故で利用できる「日常生活賠償特約」

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」では、オプションとして「日常生活賠償特約」を付けることができます。

「日常生活賠償特約」とは、記名被保険者またはその家族が、日本国内外での日常生活の偶然な事故により、他人を死傷させたり、他人の財物を損壊させたこと、または日本国内で電車等を運行不能にさせたことについて、法律上の損害賠償責任を負担した場合に保険金が支払われる特約です。

例えば、自転車で走行中に他人にぶつかってケガをさせてしまったり、日常生活でお店にある商品を壊してしまった場合などに、相手方に支払う損害賠償金や慰謝料などを保険金として受け取ることができます。

日常生活賠償特約で支払われる保険金額は、国内での事故は無制限、国外での事故は3億円が限度となっています。

特に自転車事故で加害者となった場合は、1億円近い多額の損害賠償責任を負ったという判例もありますので、ご本人やご家族が自転車を運転する場合は、日常生活賠償特約の加入は必須と言えるでしょう。

原動機付自転車での事故の補償をする「ファミリーバイク特約」

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」では、オプションとして「ファミリーバイク特約」を付けることができます。

「ファミリーバイク特約」とは、原動機付自転車(借りた原動機付自転車を含む)を使用中の事故等により記名被保険者またはその家族が負担する法律上の損害賠償責任および原動機付自転車に乗車中に生じたケガ等について、保険金が支払われる特約です。

東京海上日動のトータルアシスト自動車保険のファミリーバイク特約では、「人身傷害型」と「自損・無保険車傷害型」の補償範囲の異なる2つのタイプがあり、いずれかを選ぶことができます。

人身傷害型 自損・無保険車傷害型
相手への賠償(対人)  〇
相手への賠償(対物)  〇
相手がある事故のケガの補償 ×
相手のいない単独事故のケガの補償(自損事故)  〇
無保険車との衝突事故のケガの補償  〇

 

ドライブレコーダーを活用したサービス「タフ・見守る車の保険」

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」では、ドライブレコーダーを活用した先進的なサービス「タフ・見守る車の保険」をオプションとして付けることができます。

「タフ・見守る車の保険」は、貸与されたドライブレコーダーによって、記録された映像や音声を事故解決に役立てたり、運転者と保険会社との間での双方向通信、運転者の運転動向データなどを得ることもできます。

これにより、事故時にすぐに自動で保険会社へ事故連絡や記録映像の送信ができたり、天候や運転者の過去の運転傾向データなどの情報をもとに危険地点を予測してリアルタイムで注意喚起をしてもらうことができたり、運転者の安全運転診断をしてもらうこともができます。

もらい事故に備えておきたい「弁護士費用特約」

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」では、オプション特約として「弁護士費用特約」を付けることができます。

「弁護士費用特約」とは、被保険者が自動車事故により身体や財物に被害を被り、相手の方に損害賠償を請求する場合や、自動車事故で被保険者に法律上の賠償責任がないにもかかわらず、損害賠償請求された場合における弁護士費用等(300万円限度)、法律相談費用(10万円限度)が保険金として支払われる特約です。

特に、こちらに過失が全くない「もらい事故」の場合は、保険会社の示談交渉サービスが利用できないので、弁護士費用特約で弁護士に相手方との交渉を依頼するのが有効になります。

地震や津波に備える、地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約

通常の車両保険では、地震・噴火・津波によって生じた車の損害は補償されません。

例えば、地震による道路の地割れに巻き込まれて車が全損したり、地震の後に発生した津波によって車が押し流されてしまったり、山が噴火して火山灰が車に直撃して車が破損した場合などは、通常の車両保険では車の修理費用等は補償されません。

ですが、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」では、オプションとして車両保険に地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約を付けることができます。

地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約を付けると、地震・噴火・津波によって車が全損になった場合に、一時金として50万円を限度額として保険金が支払われます。

支払われる保険金は一定額ですが、新しい車の購入費用としてだけでなく、災害時の一時的な生活費用として活用したりと、自由に使うことができるというメリットがあります。

ただし、この特約が付けることができるのは、車両保険のタイプが「一般補償」タイプの場合に限られ、「10補償限定」タイプの場合は特約を付けることができません。

テレマティクス技術を活用したアプリ「タフ・つながるクルマの保険」

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」では、テレマティクス技術を活用したアプリ「タフ・つながるクルマの保険」を利用することができます。

「テレマティクス」とは、「テレコミュニケーション」と「インフォマティクス」を組み合わせた造語で、カーナビやGPS等とスマホ等の移動体通信システムを利用して、さまざまな情報やサービスを提供する仕組みです。

「タフ・つながるクルマの保険」を利用することによって、日々の運転をスコア化して診断してもらい安全運転に役立てることができたり、万が一事故の際には衝撃を探知してすぐに保険会社に連絡することができます。また、安全運転による保険料が割引になる特典もあります。

 

ということで以上が、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」の主な特徴になります。ネット通販型ではなく代理店型の自動車保険にこだわりたいという方や、国内最大手の損保会社の信頼性や安心感を得たいという方にとっては、選択肢の1つと言えるでしょう。

ぜひあなたも一度、あいおいニッセイ同和損保を含め自動車保険の無料一括見積をして、比較検討してみましょう。

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」はこんな方におすすめ

カンナカンナ

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」は以下のような方におすすめです。

  • 国内大手で信頼性が高くて安心感のある自動車保険を選びたい方
  • 顧客対応や事故解決能力に定評のある自動車保険を選びたい方
  • ネット通販型ではなく、代理店の自動車保険にこだわりたい方
  • 外資系ではなく、何かと安心できる国内大手の自動車保険を選びたい方
  • 地震や津波などの災害に備えておきたい方
  • 最近報道されている「あおり運転」に備えてドラレコを導入しておきたい方
  • 多くの人が選んでいる自動車保険であれば安心で間違いないと感じる方

もしあなたが上記のいずれかに当てはまるのであれば、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」が適している可能性があります。

尚、あなたにとって最適な自動車保険を選ぶためには、最大16社に無料で一括見積できる以下のサイトで見積依頼をした上で比較検討することをオススメします。

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」に関するQ&A

Q:あいおいニッセイ同和損保のロードアシスタンスのレッカーサービスは何kmまで無料なの?

A:あいおいニッセイ同和損保のロードアシスタンスのレッカーサービスでは、1回の事故等につき30万円を限度(約500㎞相当)のレッカーけん引・搬送が無料で利用できます。

ソニー損保の調査によると、「レッカーサービスを利用する人の95%以上は50km以内の利用」というデータがありますので、多くの場合は無料で済むと思われます。

Q:あいおいニッセイ同和損保はクレジットカードで保険料を支払うこともできる?

A:可能です。あいおいニッセイ同和損保では、保険契約者本人またはその配偶者(内縁を含みます)またはその親族名義のクレジットカードで支払うことができます。

ただし、代理店によっては、取り扱いできない場合があります。また、保険料の額によっては利用できない場合があります。

Q:スマートドンアプリ「タフ・つながるクルマの保険」はどこでダウンロードすればいいの?

A:あいおいニッセイ同和損保のスマートフォンアプリ「タフ・つながるクルマの保険」は、iPhoneをご利用の場合はApp Storeから、Androidをご利用の場合はGoogle Playストアから、「タフ・つながるクルマの保険」で検索すれば、ダウンロードすることができます。

検索すると、同名のアプリが何個が出てきますが、更新日が最新のものをダウンロードしてください。

Q:あいおいニッセイ同和損保の1日自動車保険「ワンデーサポーター」はどこで加入できる?

A:あいおいニッセイ同和損保の1日自動車保険「ワンデーサポーター」は、ドコモ、au、ソフトバンク(Y!mobileを含む)の携帯電話・スマートフォンから加入できます。詳細は以下の公式ページをご参照ください。

あいおいニッセイ同和損保「ワンデーサポーター」お申込み方法

 

あなたにとって一番安い自動車保険を選ぶ方法とは!?

あなたは、ご自分にとって保険料が安くて最適な自動車保険を選ぶことができていますか?

以下の自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」を利用すれば、複数の保険会社への見積り依頼と比較検討が手軽にできるので、あなたにとって一番安くて最適な自動車保険をカンタンに選ぶことができます。

この自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」は、全16社の保険会社と提携しており、たった3分程度の入力作業をするだけで複数の会社へ一括見積り依頼をすることができます。

また、「即時計算機能」により、見積り条件を入力したら、すぐにウェブ上で各保険会社の見積り結果を見ることができます。


さらに、「見積り比較機能」で、各保険会社からの見積り結果を一覧で管理することできるので、どの保険会社があなたにとって一番安くて最適なのかが一目でわかります。


もちろん、このサイトは完全無料で利用することができますし、電話やメールなどによるセールスや勧誘は一切ありませんので、安心してご利用ください。

あなたも今すぐ運転免許証と保険証券または車検証をお手元に用意して、「保険スクエアbang!」で一括見積り依頼してみましょう。