イーデザイン損保と三井ダイレクト損保の自動車保険を徹底比較!

✔ イーデザイン損保と三井ダイレクト損保の自動車保険って、どちらの方が保険料が安いの?
✔ イーデザイン損保と三井ダイレクト損保の自動車保険って、何が違うの?

あなたは今、イーデザイン損保と三井ダイレクト損保の自動車保険について、どちらの保険料が安いのか、どのような違いがあるのか、などどといった疑問をお持ちでしょうか?

マサキマサキ

イーデザインも三井ダイレクトも、どちらもTVCMでよく見かけるネット通販型の自動車保険だよね。この2つの自動車保険は、どのような違いがあるのかな?

カンナカンナ

はい。イーデザイン損保と三井ダイレクト損保は、どちらも大手損保グループ傘下の、ネット通販型(ダイレクト型)の保険会社になります。この二社の自動車保険の主な違いとしては、①保険料、②選べる特約やサービス、といった点が挙げられます。

そこで今回は、イーデザイン損保と三井ダイレクト損保の二社の自動車保険について、どのぐらい保険料が違うのか、選べる補償や特約にどのような違いがあるのか、といった点について比較しながらお話していきます。

ぜひあなたも今回の記事をふまえて、ご自身にとってより安くて最適な自動車保険を選ぶ際の参考にしてください。

イーデザイン損保と三井ダイレクト損保の自動車保険の保険料の違い

イーデザイン損保と三井ダイレクト損保は、いずれも国内大手損保グループの傘下で、なおかつネット通販型(ダイレクト型)の保険会社、という共通点があります。

イーデザイン損保は東京海上日動グループ、三井ダイレクト損保はMS&ADホールディングスグループと、どちらも国内大手損保グループというブランドと信頼があるので、はじめてネット通販型の自動車保険に加入するという方でも、安心感があるのではないでしょうか?

そして、イーデザイン損保と三井ダイレクト損保は、どちらもネット通販型(ダイレクト型)の保険会社になるわけですが、従来の代理店型の保険会社に比べると、保険料が安くなる傾向にあります。

なぜなら、代理店型の自動車保険は契約者と保険会社との間に代理店が介して契約するのに対して、ネット通販型(ダイレクト型)の自動車保険は契約者がインターネットや電話等で直接保険会社と契約する形になるからです。

つまり、ネット通販型の自動車保険の場合は、代理店の人件費や店舗費用などといった中間マージンがかからないため、その分保険料が割安になるというわけです。

なので、イーデザイン損保も三井ダイレクト損保も、代理店型の保険会社の自動車保険に比べると、保険料が安くなる傾向にあるわけなんですね。

ですが、当然のことながら、同じネット通販型の自動車保険であっても、各保険会社によって保険料が異なってきます。

ですから、イーデザイン損保と三井ダイレクト損保の二社で同じ条件で見積を取った場合も、保険料に違いが出てきます。

以下はイーデザイン損保と三井ダイレクト損保の自動車保険について、同じ条件でそれぞれ見積をとった事例です。

まず、見積条件は以下の通りです。

保険期間令和2年(2020年)5月1日~令和2年(2021年)5月1日
事故有係数適用期間0年
契約車両トヨタ プリウス (型式:ZVW55)
運輸支局の地域関東・甲信越
使用目的主に日常・レジャー使用
走行距離3000km以下
記名被保険者の年齢45歳
運転免許証の色ゴールド
ノンフリート等級20等級
運転者年齢条件イーデザイン損保:30歳以上補償、三井ダイレクト損保:35歳以上補償
運転者の範囲に関する特約本人・配偶者限定特約
対人・対物賠償保険保険金額:無制限
人身傷害補償保険搭乗中のみタイプ・保険金額:1億円
車両保険限定タイプ・保険金額:275万円(免責金額5-10万円)

そして、上記条件で二社の年間保険料は、それぞれ以下のようになりました。

イーデザイン損保三井ダイレクト損保
年間保険料20,690円16,050円

ご覧の通り、同じネット通販型の自動車保険であっても、イーデザイン損保よりも三井ダイレクト損保の方が2割ほど保険料が安くなりました。

この様に、三井ダイレクト損保はネット通販型の自動車保険の中でも、特に保険料が安くなる傾向にあります。

イーデザイン損保の方が保険料が高くなる理由としては、「弁護士費用補償保険(弁護士費用特約)」や「セコム事故現場急行サービス」といった特約やサービスが全ての契約に自動付帯されているのも一因です。(詳しくは後述します。)

ちなみに、東京海上日動や三井住友海上などの代理店の自動車保険で同じ条件で見積りを取った場合は、保険料は3万円台になりますので、それに比べるとネット通販型である両社の保険料はいずれも割安であると言えます。

ただし、以下の記事でもお話しましたように、見積条件が変わると、どの保険会社の保険料が最も安くなるかは変わってきます。

20代におすすめの一番安い自動車保険【14社比較】

ですから、あなたの条件の場合において、どの保険会社の自動車保険が最も安くなるかは、実際に複数の保険会社から見積りをとって比較検討することをおすすめします。

そして、複数の保険会社に自動車保険の見積り依頼をする場合は、自動車保険の一括見積サイトを利用すると便利です。

以下でご紹介している自動車保険の一括見積サイトは、イーデザイン損保や三井ダイレクト損保をはじめ主要16社の保険会社と提携しており、一度の入力で簡単に複数の会社へ一括見積依頼をして、すぐにウェブ上で各社の見積り結果を見ることができますので、ぜひご活用ください。

イーデザイン損保と三井ダイレクト損保の自動車保険の選べる特約やサービスの違い

イーデザイン損保と三井ダイレクト損保の自動車保険の選べる補償についてですが、基本的な補償(対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険など)については、、だいたい同じ内容を付けることができます。

また、両社ともネット通販型の自動車保険としては珍しく、車両保険に「新車特約」を付けることができます。

「新車特約」とは、車両保険の保険金が支払われる事故で、事故により新車に大きな損害が発生し、車の買い替えまたは修理をした場合に、新車の買替費用が補償される特約で、イーデザイン損保でも三井ダイレクト損保でも付けることができます。

ですが、以下のようにイーデザイン損保のみで付けられる特約や、同社の全契約に自動付帯される特約やサービスがあります。

イーデザイン損保三井ダイレクト損保
女性のお顔手術費用特約×
弁護士費用特約〇(自動付帯)
セコム事故現場急行サービス〇(自動付帯)×

まず、「女性のお顔手術費用特約」についてですが、これは人身傷害保険に付けることができるオプションで、人身傷害保険の支払い対象となる事故で、補償対象の女性が、顔、頭、首のケガの治療で所定の手術をした場合、保険金(1名につき30万円まで)が支払われる特約です。

この特約はイーデザイン損保では付けることができますが、三井ダイレクト損保には無い特約です。

次に、「弁護士費用特約」についてですが、これは「もらい事故」などの被害者になって弁護士に相手方との交渉を依頼する場合の、弁護士への報酬金や法律相談料、訴訟費用などをカバーすることができる特約です。

この特約は、三井ダイレクト損保の自動車保険でもオプションとして付けることができるのですが、イーデザイン損保の自動車保険では全ての保険契約に自動付帯されています。

そして、「セコム事故現場急行サービス」についてですが、これは事故現場に24時間365日対応でセコムの隊員が駆けつけてくれる現場急行サービスで、警察への連絡、救急車の手配、レッカーやタクシーの手配、二次事故の防止、事故状況確認や保険会社への連絡、事故現場の写真撮影、などといった、あらゆる現場対応をセコムのスタッフに任せることができます。

このサービスは、三井ダイレクト損保の自動車保険にはありませんが、イーデザイン損保の自動車保険の全ての保険契約に自動付帯されています。

先ほどの二社の見積り比較では、イーデザイン損保の保険料が割高になりましたが、同社の自動車保険にはこのような自動付帯されている特約やサービスことが一因と言えるでしょう。

なので、保険料をなるべく安くおさえたい方は三井ダイレクト損保、「女性のお顔手術費用特約」や「セコム事故現場急行サービス」といった特約やサービスを付けたい方はイーデザイン損保、がそれぞれおすすめです。

以上、イーデザイン損保と三井ダイレクト損保の自動車保険について、どのぐらい保険料が違うのか、選べる補償や特約にどのような違いがあるのか、といった点について比較しながらお話しました。

尚、イーデザイン損保と三井ダイレクト損保の自動車保険の詳細や利用者の口コミや評判については、以下の記事もご参照くださいね。

イーデザイン損保と三井ダイレクト損保の自動車保険の違いについてのまとめ

今回のお話いかがでしたでしょうか?

イーデザイン損保と三井ダイレクト損保は、どちらもダイレクト(ネット通販)型の自動車保険であるという共通点がありますが、①保険料、②選べる特約やサービス、といった点について違いがあります。

まず、保険料の違いについては、両社とも代理店型の保険会社の自動車保険に比べると割安ですが、三井ダイレクトの方がイーデザイン損保よりも1~2割ほど安くなる傾向にあります。

選べる特約やサービスの違いについては、イーデザイン損保では人身傷害保険に「女性のお顔手術費用特約」を付けることができますが、三井ダイレクト損保では付けることができません。

また、「弁護士費用特約」は、三井ダイレクト損保の自動車保険でもオプションとして付けることができるのですが、イーデザイン損保の自動車保険では全ての保険契約に自動付帯されています。

そして、「セコム事故現場急行サービス」については、三井ダイレクト損保の自動車保険にはありませんが、イーデザイン損保の自動車保険の全ての保険契約に自動付帯されています。

イーデザイン損保が三井ダイレクト損保よりも割高になるのは、このような自動付帯されている特約やサービスが一因と言えるでしょう。

なので、保険料をなるべく安くおさえたい方は三井ダイレクト損保、「女性のお顔手術費用特約」や「セコム事故現場急行サービス」といった特約やサービスが必要な方はイーデザイン損保、がそれぞれおすすめです。

ただし、自動車保険の保険料というのは、見積条件が変わると、どの保険会社が最も安くなるかは変わってきます。

ですから、あなたにとって最も安くて最適な自動車保険を選ぶためには、複数の保険会社から見積りをとって比較検討することをおすすめします。

ということで、ぜひあなたも今回の記事をふまえて、ご自身にとってより安くて最適な自動車保険を選ぶ際の参考にしてください。

あなたにとって一番安い自動車保険を選ぶ方法とは!?

あなたは、ご自分にとって保険料が安くて最適な自動車保険を選ぶことができていますか?

以下の自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」を利用すれば、複数の保険会社への見積り依頼と比較検討が手軽にできるので、あなたにとって一番安くて最適な自動車保険をカンタンに選ぶことができます。

この自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」は、全16社の保険会社と提携しており、たった3分程度の入力作業をするだけで複数の会社へ一括見積り依頼をすることができます。

また、「即時計算機能」により、見積り条件を入力したら、すぐにウェブ上で各保険会社の見積り結果を見ることができます。


さらに、「見積り比較機能」で、各保険会社からの見積り結果を一覧で管理することできるので、どの保険会社があなたにとって一番安くて最適なのかが一目でわかります。


もちろん、このサイトは完全無料で利用することができますし、電話やメールなどによるセールスや勧誘は一切ありませんので、安心してご利用ください。

あなたも今すぐ運転免許証と保険証券または車検証をお手元に用意して、「保険スクエアbang!」で一括見積り依頼してみましょう。