自動車保険の必要書類(新規加入・乗り換え・車両入替・名義変更)

✔ 自動車保険に新規加入する場合や他社へ乗り換える場合には、どんな書類が必要なの?
✔ 車両入替や名義変更をする場合は、どんな書類が必要なの?

・・・などなど、あなたは今、自動車保険の必要書類について、新規加入をする場合、他社へ乗り換えをする場合、車両入替をする場合、名義変更をする場合など、各種手続きの際にどのような書類が必要なのか、お悩みでしょうか?

マサキマサキ

同じ加入手続きであっても「新規加入」か「他社への乗り換え」かで、必要書類が異なってくるのかな?それに、車両入替や名義変更の場合にも必要な書類があるの?

カンナカンナ

手続きの種類によって必要書類は異なってきます。各種手続きをスムーズに行うためにも、どのような書類が必要なのかを把握しておくことは大切です。

そこで今回の記事では、自動車保険の各種手続きに必要な書類に関して、新規加入する場合の必要書類、他社へ乗り換える場合の必要書類、車両入替や名義変更などの場合の必要書類、についてお話していきます。

あなたも今回の記事を参考にして、自動車保険の各種手続きの際に必要な書類を把握しておき、手続きをスムーズに済ませられるようにしておきましょう。

新規加入する場合の必要書類

まず、新規加入する場合について、「見積り時」、「加入手続き時」、それぞれのタイミングでどのような必要書類があるのか、お話していきましょう。

見積り時の必要書類

新規契約の加入を検討して見積り依頼をする時に必要な書類は、「運転免許証」と「車検証」になります。

自動車保険の保険料を算出するにあたっては、ヒト(契約者や運転者)の情報、クルマ(契約車両)の情報、が必要となるため、見積依頼をする時点で「運転免許証」と「車検証」が必要になるわけです。

運転免許証は、「免許証の色」「更新年月」、車検証は、「初度登録年月」「型式」「車台番号」「登録番号」、といった情報を確認します。

車を購入したばかりで、まだ車検証が手元に無い場合は、ディーラーや販売店に問い合わせれば「初度登録年月」「型式」「車台番号」「登録番号」といった情報を確認することができます。

また、書類ではないのですが、保険の対象となる車を複数の人が運転する場合は、各運転者の年齢(生年月日)も確認しておく必要があります。自動車保険の保険料は、配偶者、同居の親族、または別居の未婚の子が運転する場合は、その人の年齢条件も加味した上で算出されるからです。

さらに、保険会社によっては「オドメータ(積算走行距離計)の値」も見積依頼の際に必要になります。

加入手続き時の必要書類

新規契約の加入手続きの時に必要な書類は、見積り時と同じく、基本的には「運転免許証」と「車検証」の2つになります。

ただし、加入手続きの時には、「運転免許証」と「車検証」のコピーを保険会社へ送る必要がありますので、車を購入したばかりでまだ車検証が手元に無い場合は、即座にディーラーに問い合わせて取り寄せておく必要があります。

さらに、代理店型の保険会社と契約する場合は、保険会社から送付される「自動車保険加入申込書」に必要事項を記入して郵送します。(ネット通販型の保険会社と契約する場合は、Web上で完結するため申込書の送付は不要です。)

また、セカンドカー割引の制度を利用する場合は「1台目の車の保険証券」、中断証明書を利用して等級を引継ぐ場合は「中断証明書」も必要になります。

ということで、新規加入する場合は、見積依頼の時も加入手続きの時も、基本的には「運転免許証」と「車検証」の2点が必要になるわけです。

他社へ乗り換える場合の必要書類

次に、他社へ乗り換える場合について、「見積り時」、「加入手続き時」、それぞれのタイミングでどのような必要書類があるのか、お話していきましょう。

見積り時の必要書類

他社への乗り換えを検討して見積り依頼をする時に必要な書類は、「運転免許証」と、現在契約中の自動車保険の「保険証券」、の2つになります。

ただし、多くの保険会社においては、見積依頼の時点では、現在契約中の自動車保険の「保険証券」だけあれば、運転免許証は不要であることが多いです。

保険料を算出するにあたって、現在契約中の自動車保険の保険証券に記載されている、「等級」「事故有係数適用期間」「保険会社名」「証券番号」といった情報を確認します。

また、保険会社によっては「オドメータ(積算走行距離計)の値」も見積依頼の際に必要になります。

加入手続き時の必要書類

他社への乗り換えで加入手続きの時に必要な書類は、「運転免許証」「車検証」「保険証券」の3点で、それぞれのコピーを保険会社へ送る必要があります。

さらに、代理店型の保険会社と契約する場合は、保険会社から送付される「自動車保険加入申込書」に必要事項を記入して郵送します。(ネット通販型の保険会社と契約する場合は、Web上で完結するため申込書の送付は不要です。)

他社への乗り換えの加入手続きをする際に注意すべき点は。「二重契約を防ぐこと」と「前契約の等級引継ぎをすること」です。

基本的には、乗り換え先の保険会社に「乗り換え」であることを伝えた上で、前契約の保険が契約満了日になるタイミングで新契約へ乗り換えれば、二重契約になることもなく、前契約の等級を自動的に引継ぐことができます。

ですが、前契約の契約満了日前に他社へ乗り換える場合は、前契約の自動車保険の解約手続きをしておかないと二重契約になってしまいます。なので、この場合は、前契約の保険会社に解約する意思を伝えて解約申込書を送付してもらい、必要事項を記入して手続きを済ませます。

そして、等級の引継ぎができるのは「前契約の満了日の翌日から7日以内」となっており、この期日を過ぎてしまった場合は等級の引継ぎができませんので注意しましょう。

尚、等級引継ぎについては、詳しくは以下の記事もご参照ください。

ということで、他社への乗り換える場合の必要書類としては、見積依頼の時は「運転免許証」「保険証券」、加入手続きの時は「運転免許証」「車検証」「保険証券」、になります。

車両入替や名義変更などの場合の必要書類

自動車保険の契約は基本は1年契約になりますが、契約期間中に「車を買い替えた」「車の所有者が変わった」「引っ越して住所が変わった」などといった変化が起こる場合があります。

これらの変化があった場合は変更手続きをする必要があり、その際にはいずれの場合も「変更後の車検証」が必要となります。

車両入替の場合の必要書類

新しい車を購入して、保険契約する車を入れ替える場合は「車両入替」の手続きが必要になります。

そして、車両入替をする場合は、「新しい車の車検証」に記載された、 初度登録年月、型式、車台番号、登録番号、といった情報を得て、保険料を計算し直します。

名義変更の場合の必要書類

車の所有者が変わる場合は「名義変更」の手続きが必要となり、その際には「名義変更後の車検証」が必要になります。

引越した場合の必要書類

引越して車の登録番号が変わる場合(ナンバープレートの内容が変わる場合)は、変更手続きが必要になります。その際には「登録番号変更後の車検証」が必要になります。

 

ということで、車両入替、名義変更、引越しなど、変更手続きをする際には、いずれも「変更後の車検証」が必要になるわけです。

各種手続きの際に必要な書類のまとめ

今回のお話いかがでしたでしょうか?

自動車保険の各種手続きの際に必要な書類をまとめますと、以下の通りです。

手続き内容 必要書類
新規加入(見積り時) 運転免許証、車検証
新規加入(加入手続き時) 運転免許証、車検証
他社への乗り換え(見積り時) 運転免許証、保険証券
他社への乗り換え(加入手続き時) 運転免許証、車検証、保険証券
車両入替 新しい車の車検証
名義変更 名義変更後の車検証
引越し 登録番号変更後の車検証

あなたも自動車保険の各種手続きをするにあたっては、これらの必要書類を把握しておき、手続きをスムーズに済ませられるようにしておきましょう。

尚、新規加入の場合も、他社からの乗り換えの場合も、あなたにとって最適で一番安い自動車保険を選ぶために、複数の保険会社も見積り依頼することをおすすめします。

そして、複数の保険会社に自動車保険の見積り依頼をする際には、自動車保険の一括見積サイトを利用すると便利です。

以下のページでご紹介している自動車保険の一括見積サイトを利用すれば、一度の入力でカンタンに複数の会社へ一括見積依頼をして、すぐにウェブ上で各保険会社の見積り結果を比較検討することができますので、ぜひご活用ください。

あなたにとって一番安い自動車保険を選ぶ方法とは!?

あなたは、ご自分にとって保険料が安くて最適な自動車保険を選ぶことができていますか?

以下の自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」を利用すれば、複数の保険会社への見積り依頼と比較検討が手軽にできるので、あなたにとって一番安くて最適な自動車保険をカンタンに選ぶことができます。

この自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」は、全16社の保険会社と提携しており、たった3分程度の入力作業をするだけで複数の会社へ一括見積り依頼をすることができます。

また、「即時計算機能」により、見積り条件を入力したら、すぐにウェブ上で各保険会社の見積り結果を見ることができます。


さらに、「見積り比較機能」で、各保険会社からの見積り結果を一覧で管理することできるので、どの保険会社があなたにとって一番安くて最適なのかが一目でわかります。


もちろん、このサイトは完全無料で利用することができますし、電話やメールなどによるセールスや勧誘は一切ありませんので、安心してご利用ください。

あなたも今すぐ運転免許証と保険証券または車検証をお手元に用意して、「保険スクエアbang!」で一括見積り依頼してみましょう。