【保険料】ソニー損保とSBI損保の自動車保険を徹底比較!

✔ ソニー損保とSBI損保の自動車保険、どちらの方が保険料が安いの?
✔ ソニー損保とSBI損保の自動車保険とでは、どのような違いがあるの?

あなたは今、ソニー損保とSBI損保の自動車保険について、どちらの保険料が安いのか、どのような違いがあるのか、などといった疑問をお持ちでしょうか?

マサキマサキ

ソニー損保とSBI損保は、どちらもネット型の自動車保険だから、保険料が安そうなイメージがあるな。この二社の自動車保険では、どのような違いがあるのかな?

カンナカンナ

ソニー損保とSBI損保は、どちらもネット通販型の保険会社なので、代理店型よりも保険料が安いです。ただし、当然のことながら、両者では保険料に違いがありますし、選べる補償や特約にも違いがあります。

そこで今回は、ソニー損保とSBI損保の二社の自動車保険について、保険料や選べる補償や特約の違いについて、比較しながらお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話を参考にして、よりご自分に合った安くて最適な自動車保険を選んでくださいね。

ソニー損保とSBI損保の自動車保険の保険料の違い

ソニー損保とSBI損保は、いずれもネット通販型(ダイレクト型)の保険会社なので、代理店型の保険会社に比べると保険料は安くなる傾向にあります。

なぜなら、ネット通販型の自動車保険は代理店を間に挟まないため、代理店に関する手数料・人件費・店舗費用などといたコストを削減することができ、これが保険料が安くなる大きな要因となっているわけです。

なので、ソニー損保やSBI損保などのネット通販型の自動車保険は、東京海上日動やあいおいニッセイ同和損保などといった代理店型の自動車保険よりも、保険料が安くなる傾向にあるわけなんですね。

ですが、当然のことながら、同じネット通販型の自動車保険であっても、この二社で同じ条件で見積を取った場合は、保険料は異なってきます。

以下はソニー損保とSBI損保の二社の自動車保険で、同じ条件でそれぞれ見積をとった事例です。

まず、見積条件は以下の通りです。

保険期間令和2年(2020年)4月1日~令和2年(2021年)4月1日
事故有係数適用期間0年
初度登録年月(初度検査年月)平成31年(2019年)1月
契約車両トヨタ プリウス (型式:ZVW55)
運輸支局の地域関東・甲信越
使用目的主に日常・レジャー使用
走行距離ソニー損保:3000km以下、SBI損保:5000km以下
記名被保険者の年齢45歳
運転免許証の色ゴールド
ノンフリート等級20等級
運転者年齢条件ソニー損保:30歳以上補償、SBI損保:26歳以上補償
運転者の範囲に関する特約本人・配偶者限定特約
対人・対物賠償保険保険金額:無制限
人身傷害補償保険搭乗中のみタイプ・保険金額:1億円
車両保険限定タイプ・保険金額:265万円(免責金額5-10万円)

そして、年間保険料はそれぞれ以下の通りです。

ソニー損保SBI損保
年間保険料19,480円15,180円

ご覧の通り、ソニー損保よりもSBI損保の方が2割ほど保険料が安くなりました。

このように、SBI損保は保険料が安いネット通販型の自動車保険の中でも、特に保険料が安くなる傾向にあります。

ちなみに、同じ条件で、代理店型の保険会社である東京海上日動とあいおいニッセイ同和損保で見積りをとったところ、以下の結果となりました。

東京海上日動あいおいニッセイ同和損保
年間保険料35,540円35,970円

このように、同じ条件でも代理店型の場合は年間保険料が3万円以上になってしまうので、ソニー損保もSBI損保も代理店型と比べると保険料がかなり安いことが、おわかりいただけるかと思います。

ただし、この見積り結果はあくまでも一例ですので、年齢条件や車種などの見積条件が変わると、どの保険会社の保険料が安くなるかは変わってきます。

以下の記事にもあるように、運転者を20代にした事例においては、SBI損保よりもソニー損保の方が年間保険料が安くなりました。

20代におすすめの一番安い自動車保険【14社比較】

ですから、あなたにとってどの自動車保険が安くなるかは、実際に複数の保険会社から見積りをとって比較検討することをおすすめします。

そして、複数の保険会社に自動車保険の見積り依頼をする際には、自動車保険の一括見積サイトを利用すると便利です。

以下でご紹介している自動車保険の一括見積サイトでは、ソニー損保やSBI損保をはじめ16社の保険会社と提携しており、一度の入力でカンタンに複数の会社へ一括見積依頼をして、すぐにウェブ上で各社の見積り結果を見ることができますので、ぜひご利用ください。

ソニー損保とSBI損保の自動車保険の選べる補償や特約の違い

ソニー損保とSBI損保の自動車保険では、対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険などといった基本的な補償については、だいたい同じ内容を付けることができます。

ですが、以下のように片方の保険会社のみで選ぶことができる特約もあります。

ソニー損保SBI損保
新車買替特約×
弁護士費用特約(自動車+日常事故タイプ)×
自転車事故補償特約×

まず、1つ目の「新車買替特約」についてですが、これは車両保険に付けることができる特約で、新車(保険始期日時点で初度登録から25ヵ月以内の車)で事故を起こして大きく損傷した場合に、車の買替費用が補償されるものです。

この特約は、ソニー損保では付けることができますが、SBI損保では付けることができません。

次に、2つ目の「弁護士費用特約」についてですが、これは「もらい事故」などのこちらが無過失の自動車事故にあった際に、示談交渉を弁護士に依頼した場合の弁護士費用や法律相談費用などを補償する特約です。

この「弁護士費用特約」はSBI損保でも付けることができるのですが、ソニー損保の自動車保険では、自動車事故だけで使える「自動車事故タイプ」の他に、日常生活の事故でも利用できる「自動車+日常事故タイプ」も選ぶことができます。

この「自動車+日常事故タイプ」の弁護士費用特約を付けておくことによって、自動車事故の場合に限らず、他人によるケガで身体に障害を負った、他人にモノを壊された、などといった日常生活における事故で損害を負った場合の弁護士費用や訴訟費用が補償されます。

ということでは、この「弁護士費用特約(自動車+日常事故タイプ)」については、ソニー損保では付けることができますが、SBI損保では付けることができません。

そして、3つ目の「自転車事故補償特約」についてですが、これは契約者本人や家族が自転車で走行中や搭乗中に他人をケガさせたり他人の財物をこわして損害賠償責任を負った場合や、自転車で走行中や搭乗中にケガを負った場合に、保険金を受け取ることができる特約です。

この特約は、SBI損保では付けることができますが、ソニー損保では付けることができません。

ソニー損保でも「個人賠償特約」という特約を付けることによって、自転車での走行中に加害者になった場合の損害賠償費用等が補償されますが、この特約はあくまでもこちらが加害者側となった場合の相手側への補償なので、自分がケガを負った場合の補償ではありません。

「自転車事故補償特約」と「個人賠償特約」の自転車事故における補償範囲を比較すると、以下の通りになります。

自転車事故補償特約個人賠償特約
自転車で走行中や搭乗中に他人への損害賠償責任を負った場合
自転車で走行中や搭乗中に自分や家族がケガを負った場合×

つまり、SBI損保で付けることができる「自転車事故補償特約」であれば、自転車事故で加害者になった場合も、自分や家族がケガをした場合も、補償されるわけなんですね。

たかが、自転車事故と思うかもしれませんが、以下の記事でもお話しましたように、2013年に自転車事故で1億円近い損害賠償となる判例が出たのを契機に、一部の自治体では自動車保険の加入が条例で義務付けられるようになり、その波は全国に広がりつつあります。

ですから、ご本人やご家族が自転車に乗るという方は、「自転車事故補償特約」や「個人賠償特約」といった特約を付けておくことをおすすめします。

ちなみに、各自治体で加入が義務付けられている自転車保険は「相手への賠償」なので、自動車保険の「個人賠償特約」だけでも、これをクリアすることができます。

ということで、ソニー損保とSBI損保の自動車保険とでは、基本的な補償については同等のものを付けることができるのですが、片方の保険会社のみで選ぶことができる特約もあるわけです。

なので、新車が大きく損傷した場合は修理せずに買替えたい、自動車事故だけでなく日常の事故でも弁護士に相談できるようにしておきたい、といった方はソニー損保、自転車事故で加害者になった場合だけでなく自分や家族がケガをした場合にも備えておきたい方はSBI損保、がそれぞれおすすめです。

 

以上、ソニー損保とSBI損保の自動車保険について、どのぐらい保険料が違うのか、選べる補償や特約にどのような違いがあるのか、といった点について比較しながらお話しました。

尚、ソニー損保とSBI損保の自動車保険の詳細やユーザーの口コミについては、以下の記事もご参照ください。

ソニー損保とSBI損保の自動車保険の違いについてのまとめ

今回のお話いかがでしたでしょうか?

ソニー損保とSBI損保は、どちらもダイレクト(ネット通販)型の自動車保険であるという共通点があり、代理店型の保険会社に比べると保険料は安くなる傾向にあります。

二社の保険料を比較すると、ソニー損保よりもSBI損保の方が安くなるケースが多く、SBI損保はネット通販型の自動車保険の中でも、特に保険料が安くなる傾向にあります。

ただし、年齢条件や車種などの見積条件が変わると、ソニー損保の方が安くなる場合もあります。

選べる補償や特約については、基本的な補償については両社ともにほぼ同等の内容を付けることができますが、ソニー損保では「新車買替特約」「弁護士費用特約(自動車+日常事故タイプ)」といった特約を付けることができ、SBI損保では「自転車事故補償特約」を付けることができます。

なので、新車が大きく損傷した場合は修理せずに買替えたい、自動車事故だけでなく日常の事故でも弁護士に相談できるようにしておきたい、といった方はソニー損保、自転車事故で加害者になった場合だけでなく自分や家族がケガをした場合にも備えておきたい方はSBI損保、がそれぞれおすすめです。

ということで、ぜひあなたも二社の自動車保険の違いをふまえた上で、ご自分に合った最適な自動車保険を選ぶにあたっての参考にしてみてください。

尚、あなたにとって保険料が安くて最適な自動車保険を選ぶにあたっては、次にご紹介する自動車保険一括見積りサイトをご利用することをおすすめします。

あなたにとって一番安い自動車保険を選ぶ方法とは!?

あなたは、ご自分にとって保険料が安くて最適な自動車保険を選ぶことができていますか?

以下の自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」を利用すれば、複数の保険会社への見積り依頼と比較検討が手軽にできるので、あなたにとって一番安くて最適な自動車保険をカンタンに選ぶことができます。

この自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」は、全16社の保険会社と提携しており、たった3分程度の入力作業をするだけで複数の会社へ一括見積り依頼をすることができます。

また、「即時計算機能」により、見積り条件を入力したら、すぐにウェブ上で各保険会社の見積り結果を見ることができます。


さらに、「見積り比較機能」で、各保険会社からの見積り結果を一覧で管理することできるので、どの保険会社があなたにとって一番安くて最適なのかが一目でわかります。


もちろん、このサイトは完全無料で利用することができますし、電話やメールなどによるセールスや勧誘は一切ありませんので、安心してご利用ください。

あなたも今すぐ運転免許証と保険証券または車検証をお手元に用意して、「保険スクエアbang!」で一括見積り依頼してみましょう。