【保険料】ソニー損保と三井ダイレクト損保の自動車保険を徹底比較!

✔ ソニー損保と三井ダイレクト損保の自動車保険は、どちらの方が保険料が安いの?
✔ ソニー損保と三井ダイレクト損保の自動車保険は、どこが違うの?

あなたは今、ソニー損保と三井ダイレクト損保の自動車保険について、どちらの保険料が安いのか、どのような違いがあるのかなどの疑問をお持ちでしょうか?

マサキマサキ

ソニー損保と三井ダイレクト損保は、どちらもTVCMでよく見かけるネット型の自動車保険だよね。この2つの自動車保険は、どのような違いがあるのかな?

カンナカンナ

はい。ソニー損保と三井ダイレクト損保は、どちらもネット通販型(ダイレクト型)の保険会社になります。両社の自動車保険の主な違いとしては、①保険料、②選べる補償や特約、といった点が挙げられます。

そこで今回は、ソニー損保と三井ダイレクト損保の二社の自動車保険について、どのぐらい保険料が違うのか、選べる補償や特約にどのような違いがあるのか、といった点について比較しながらお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話を参考にして、よりご自分に合った安くて最適な自動車保険を選んでくださいね。

ソニー損保と三井ダイレクト損保の自動車保険の保険料の違い

ソニー損保と三井ダイレクト損保は、いずれもネット通販型(ダイレクト型)の保険会社なので、代理店型の保険会社に比べると保険料は安くなります。

なぜなら、ネット通販型の自動車保険は、代理店型の自動車保険のように代理店の人件費などの中間マージンがかからないため、その分保険料が割安になるからです。

ですが、同じネット通販型の自動車保険でも、当然のことながら各保険会社によって保険料に違いが出てきます。なので、ソニー損保と三井ダイレクト損保の二社で同じ条件で見積を取った場合も、保険料は異なってきます。

以下はソニー損保と三井ダイレクト損保の二社の自動車保険で、同じ条件でそれぞれ見積をとった事例です。

まず、見積条件は以下の通りです。

保険期間令和2年(2020年)5月1日~令和2年(2021年)5月1日
事故有係数適用期間0年
契約車両トヨタ プリウス (型式:ZVW55)
運輸支局の地域関東・甲信越
使用目的主に日常・レジャー使用
走行距離3000km以下
記名被保険者の年齢45歳
運転免許証の色ゴールド
ノンフリート等級20等級
運転者年齢条件ソニー損保:30歳以上補償、三井ダイレクト損保:35歳以上補償
運転者の範囲に関する特約本人・配偶者限定特約
対人・対物賠償保険保険金額:無制限
人身傷害補償保険搭乗中のみタイプ・保険金額:1億円
車両保険限定タイプ・保険金額:275万円(免責金額5-10万円)

そして、年間保険料はそれぞれ以下のようになりました。

ソニー損保三井ダイレクト損保
年間保険料19,570円16,050円

両社ともにネット通販型なので代理店と比べると保険料は割安ですが、このようにソニー損保よりも三井ダイレクト損保の方がやや保険料が安くなるケースが多いです。

ただし、以下の記事でもお話しましたように、見積条件が変わると、どの保険会社の保険料が安くなるかは変わってきます。

40代におすすめの一番安い自動車保険【14社比較】

ですから、あなたにとってどの自動車保険が安くなるかは、実際に複数の保険会社から見積りをとって比較検討することをおすすめします。

そして、複数の保険会社に自動車保険の見積り依頼をする際には、自動車保険の一括見積サイトを利用すると便利です。

以下でご紹介している自動車保険の一括見積サイトでは、ソニー損保や三井ダイレクト損保をはじめ主要16社の保険会社と提携しており、一度の入力でカンタンに複数の会社へ一括見積依頼をして、すぐにウェブ上で各社の見積り結果を見ることができますので、ぜひご活用ください。

ソニー損保と三井ダイレクト損保の自動車保険の選べる補償や特約の違い

ソニー損保と三井ダイレクト損保の自動車保険の選べる補償についてですが、基本的な補償(対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険など)については、、だいたい同じ内容を付けることができます。

また、特約についてもほぼ同等のラインナップがあり、両社ともにネット通販型の自動車保険としては珍しく、「新車買替特約」を付けることができます。

「新車買替特約」とは、車両保険に付けることができる特約で、事故で契約車両が大きく損傷した場合に、新車の買替費用が補償されます。

ということで、この両社で付けられる補償や特約はほぼ同じ内容なのですが、唯一の明確な違いと言えるのが、「弁護士費用特約」です。

「弁護士費用特約」は、「もらい事故」などのこちらが無過失の自動車事故にあった際に、示談交渉を弁護士に依頼した場合の弁護士費用や法律相談費用などを補償する特約です。

両社ともにこの「弁護士費用特約」を付けることができるのですが、以下のように、ソニー損保の自動車保険では、自動車事故だけで使える「自動車事故タイプ」の他に、日常生活の事故でも利用できる「自動車+日常事故タイプ」も選ぶことができます。

ソニー損保三井ダイレクト損保
弁護士費用特約(自動車事故タイプ)
弁護士費用特約(自動車+日常事故タイプ)×

ソニー損保の「自動車+日常事故タイプ」の弁護士特約は、自動車事故の場合に限らず、他人によるケガで身体に障害を負った、他人にモノを壊された、などといった日常生活における事故で損害を負った場合にも使うことができます。

例えば、あなたが他人の犬にかまれケガをしたにもかかわらず、飼い主が治療費を支払ってくれない、などといったケースにおいて、弁護士費用特約を利用して、弁護士に相談することができるわけです。

しかも、弁護士費用特約ですから、利用しても等級が上がること無いので、翌年の保険料に影響しません。

一方、三井ダイレクトの弁護士費用特約は、自動車事故タイプのみとなっています。

なので、自動車事故だけでなく日常の事故にも備えておきたいという方は、ソニー損保の自動車保険の方がおすすめです。

ということで、いずれの自動車保険でも選べる補償内容や特約はほぼ同じなのですが、唯一の明確な違いとして、弁護士費用特約の選べるタイプに違いがあります。

以上、ソニー損保と三井ダイレクト損保の自動車保険について、どのぐらい保険料が違うのか、選べる補償や特約にどのような違いがあるのか、といった点について比較しながらお話しました。

尚、ソニー損保と三井ダイレクト損保の自動車保険の詳細やユーザーの口コミについては、以下の記事もご参照ください。

ソニー損保と三井ダイレクト損保の自動車保険の違いについてのまとめ

今回のお話いかがでしたでしょうか?

ソニー損保と三井ダイレクト損保は、どちらもダイレクト(ネット通販)型の自動車保険であるという共通点がありますが、①保険料、②選べる補償や特約、といった点について違いがあります。

保険料については、両社ともにネット通販型なので代理店と比べると保険料は割安ですが、ソニー損保よりも三井ダイレクト損保の方がやや保険料が安くなるケースが多いです。

選べる補償や特約については、両社ともにほぼ同じなのですが、唯一の明確な違いとして、弁護士費用特約の選べるタイプに違いがあります。

ソニー損保の自動車保険では、自動車事故だけで使える「自動車事故タイプ」の他に、日常生活の事故でも利用できる「自動車+日常事故タイプ」も選ぶことができます。

なので、同等の補償内容でより保険料が安い自動車保険を選びたいなら三井ダイレクト損保、自動車事故だけでなく日常の事故にも備えておきたいという方はソニー損保、がそれぞれおすすめと言えます。

ただし、先ほどもお話しましたように、見積条件が変われば、どの保険会社の保険料が安くなるかは変わってきますので、あなたにとってどの自動車保険が安くなるかは、実際に複数の保険会社から見積りをとって比較検討することをおすすめします。

ということで、ぜひあなたも二社の自動車保険の違いをふまえた上で、ご自分に合った最適な自動車保険を選ぶにあたっての参考にしてみてください。

あなたにとって一番安い自動車保険を選ぶ方法とは!?

あなたは、ご自分にとって保険料が安くて最適な自動車保険を選ぶことができていますか?

以下の自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」を利用すれば、複数の保険会社への見積り依頼と比較検討が手軽にできるので、あなたにとって一番安くて最適な自動車保険をカンタンに選ぶことができます。

この自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」は、全16社の保険会社と提携しており、たった3分程度の入力作業をするだけで複数の会社へ一括見積り依頼をすることができます。

また、「即時計算機能」により、見積り条件を入力したら、すぐにウェブ上で各保険会社の見積り結果を見ることができます。


さらに、「見積り比較機能」で、各保険会社からの見積り結果を一覧で管理することできるので、どの保険会社があなたにとって一番安くて最適なのかが一目でわかります。


もちろん、このサイトは完全無料で利用することができますし、電話やメールなどによるセールスや勧誘は一切ありませんので、安心してご利用ください。

あなたも今すぐ運転免許証と保険証券または車検証をお手元に用意して、「保険スクエアbang!」で一括見積り依頼してみましょう。