【保険料比較】走行距離が少ない人におすすめの安い自動車保険は?

✔ 年間走行距離が少ない人におすすめの安い自動車保険はどこ?
✔ 車の運転は買い物や送り迎えなど近所で使用する程度、どこの自動車保険がおすすめ?

・・・などなど、あなたは今、走行距離が少ない場合に保険料が安くておすすめの自動車保険はどこなのか、ということについて疑問をお持ちでしょうか?

マサキマサキ

走行距離が少ないのであれば、それだけ事故リスクが低いわけだから、その分保険料を安くしてほしいものだよね。その場合はどの自動車保険を選べば良いのかな?

カンナカンナ

自動車保険の中には、年間走行距離を保険料算出の要素としている保険会社と、そうでない保険会社とがあります。走行距離が少ない場合は前者の保険会社の自動車保険を選んだ方が、より保険料が安くなる傾向にあります。

そこで今回の記事では、自動車保険の走行距離区分と保険料の仕組み、走行距離が少ない場合におすすめの安い自動車保険ランキング、といったことについて、お話していきます。

あなたも、走行距離が少ない場合に保険料が安くなる自動車保険をお探しなのであれば、ぜひ今回の記事をご参考にしてください。

尚、反対に年間走行距離が多くても保険料が安い自動車保険をお探しなのであれば、以下の記事をご参照ください。

自動車保険の走行距離区分と保険料の仕組み

自動車保険の中には、契約車両の年間走行距離を保険料算出の要素としている自動車保険と、そうでない自動車保険とがあります。

そして、前者の年間走行距離を保険料算出の要素としている自動車保険の多くは、代理店型と呼ばれる従来の保険会社ではなく、ダイレクト型(ネット通販型)と呼ばれるインターネットや電話で契約をする保険会社で販売されています。

年間走行距離を保険料算出の要素としている自動車保険に申し込む場合は、契約者は自分の使用実態に合った「走行距離区分」を選んで申告する必要があります。

走行距離区分は「3,000km以下」「5,000km以下」「7,000km以下」「10,000km以下」「15,000km以下」「15,000km超(無制限)」などといった種類があり、保険会社によって選べる区分は異なってきます。

当然のことながら、走行距離が長くなるほど、それだけ事故リスクも高まるため、保険料は高くなります。

また、ほとんどの保険会社では、下記のいずれかの方法で年間走行距離を決定しています。

  • これから1年間の「年間予想走行距離」を申告するタイプの保険会社
  • 実際に走った「前年の走行距離実績」を申告するタイプ保険会社

「年間予想走行距離」を申告する保険会社の場合は、「普段、どのくらいの頻度でどの程度の距離を運転しているか?」などといった、保険会社からの使用頻度や距離に関する質問に答える形で年間走行距離を予測し、それに基づいた「走行距離区分」を選びます。

「前年の走行距離実績」を申告する保険会社の場合は、過去1年の走行距離として「積算走行距離計(オドメーター)」の値を入力し、それに基づいた「走行距離区分」を選びます。

以下は、各保険会社の自動車保険の、申告する走行距離のタイプと選べる走行距離区分をまとめたものです。

保険会社申告する走行距離のタイプ走行距離区分
ソニー損保年間予想走行距離3,000km以下/5,000km以下/7,000km以下/9,000km以下/11,000km以下/16,000km以下/無制限
セゾン自動車火災保険前年の走行距離実績3,000km以下/5,000km以下/10,000km以下/15,000km以下/15,000km超
イーデザイン損保前年の走行距離実績3,000km以下/5,000km以下/10,000km以下/10,000km超
SBI損保前年の走行距離実績5,000km以下/10,000km以下/15,000km0以下/15,000km超
三井ダイレクト損保前年の走行距離実績3,000km以下/5,000km以下/6,000km以下/7,000km以下/8,000km以下/9,000以下/10,000km以下/11,000以下/12,000km以下/13,000以下/15,000km以下/20,000km以下/20,000km超
アクサダイレクト年間予想走行距離5,000km未満/10,000km未満/10,000km以上
楽天損保前年の走行距離実績1,000km以下/3,000km以下/5,000km以下/7,000km以下/9,000km以下/11,000km以下/16,000km以下/16,000km超
セコム損保無し無し
東京海上日動火災無し無し
あいおいニッセイ同和損保無し無し
損保ジャパン日本興亜無し無し
三井住友海上無し無し
共栄火災無し無し
全労済無し無し

このように、各社によって申告する走行距離のタイプと選べる走行距離区分が、異なってくるわけんなですね。

また、先ほどお話しましたように、ソニー損保やアクサダイレクトなどのダイレクト型(ネット通販型)の場合は年間走行距離を保険料算出の要素としている保険会社が多く、東京海上やあいおいニッセイ同和損保などの代理店型の場合は年間走行距離の申告が不要な保険会社が多いです。

ただし、ダイレクト型の保険会社でもセコム損保は年間走行距離の申告が不要だったり、代理店型の保険会社でも楽天損保は年間走行距離の申告が必要だったりと、例外もあります。

尚、自動車保険の走行距離区分と保険料の仕組みの詳細や、申告する走行距離区分の決め方などについては、以下の記事もご参照ください。

では次に、走行距離が少ない場合は、どこの保険会社の自動車保険が安くなるのか、見てみましょう。

走行距離が少ない場合におすすめの安い自動車保険ランキング

走行距離が少ない場合はどこの自動車保険が安くなるのか、年間走行距離を、①3,000km以下、②5,000km以下、とした場合の2つのパターンで、保険会社14社から見積りをとって比較してみました。

年間走行距離3,000km以下や5,000km以下の使用頻度のイメージとしては、買い物や送り迎えといった近所での使用が中心の場合などが当てはまります。

まず、共通となる見積り条件は以下の通りになります。

保険期間令和2年(2020年)4月1日~令和2年(2021年)4月1日
事故有係数適用期間0年
初度登録年月(初度検査年月)平成31年(2019年)1月
契約車両トヨタ プリウス (型式:ZVW55)
運輸支局の地域関東・甲信越
使用目的日常・レジャー使用
記名被保険者の年齢45歳
運転免許証の色ゴールド
ノンフリート等級20等級
運転者年齢条件35歳以上補償
運転者の範囲に関する特約本人・配偶者限定特約
対人・対物賠償保険保険金額:無制限
人身傷害補償保険搭乗中のみタイプ・保険金額:1億円
車両保険限定タイプ・保険金額:265万円(免責金額5-10万円)

この見積り条件で、年間走行距離を、①3,000km以下、②5,000km以下、とした場合について、それぞれの見積り結果を見てみましょう。

走行距離3,000km以下の場合のおすすめの安い自動車保険ランキング

まず、年間走行距離3,000km以下の見積り結果は、以下の通りになりました。

順位保険会社保険料
1SBI損保15,180円
2三井ダイレクト損保15,760円
3セゾン自動車火災保険18,530円
4アクサダイレクト18,840円
5ソニー損保19,480円
6セコム損保19,630円
7イーデザイン損保20,040円
8楽天損保20,140円
9全労済25,440円
10損保ジャパン日本興亜33,730円
11共栄火災海上保険34,960円
12東京海上日動火災保険35,540円
13あいおいニッセイ同和損保35,970円
14三井住友海上火災保険37,390円

年間走行距離を3,000km以下にした場合は、トップ3は、1位:SBI損保、2位:三井ダイレクト損保、3位:セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)、となりました。

1位のSBI損保は、保険料が安い傾向にあるダイレクト型の自動車保険の中でも、特に保険料が安くなるケースが多いです。

2位の三井ダイレクト損保と3位のセゾン自動車火災保険については、走行距離区分「3,000km以下」を選ぶことができるため、これに当てはまる場合は保険料が特に安くなります。

全体的な順位としては、上位7社がダイレクト型、下位7社が代理店型、という結果になりました。

ダイレクト型はもともと保険料が安いですが、年間走行距離を保険料算出の要素としている保険会社が多いため、走行距離が少ない場合はさらに保険料が安くなるわけんなんですね。

ちなみに、代理店型で最も保険料が安かったのは8位の楽天損保になりますが、ここの自動車保険は代理店型としては珍しく年間走行距離を保険料算出の要素としています。

走行距離5,000km以下の場合のおすすめの安い自動車保険ランキング

次に、年間走行距離を5,000km以下にした場合の見積り結果は、以下の通りになりました。

順位保険会社保険料
1SBI損保15,180円
2三井ダイレクト損保17,310円
3アクサダイレクト18,840円
4セコム損保19,630円
5セゾン自動車火災保険20,130円
6イーデザイン損保20,630円
7ソニー損保21,160円
8楽天損保21,470円
9全労済25,440円
10損保ジャパン日本興亜33,730円
11共栄火災海上保険34,960円
12東京海上日動火災保険35,540円
13あいおいニッセイ同和損保35,970円
14三井住友海上火災保険37,390円

年間走行距離を5,000km以下にした場合は、トップ3は、1位:SBI損保、2位:三井ダイレクト損保、3位:アクサダイレクト、となりました。

先ほどに引き続き、1位はSBI損保となりましたが、ここの自動車保険では一番下の走行距離区分が「5,000km以下」なので、3,000km以下の場合と保険料も変わりません。

また、3位にアクサダイレクトが入りましたが、ここも一番下の走行距離区分が「5,000km以下」なので、3,000km以下の場合と保険料が変わらず、順位が上がりました。

全体的な順位としては、先ほどと同じく、上位7社がダイレクト型、下位7社が代理店型、という結果となり、代理店型の中では楽天損保が最も保険料が安くなりました。

 

ということで以上、走行距離が少ない場合はどこの自動車保険が安くなるのか、年間走行距離を、①3,000km以下、②5,000km以下、とした場合の2つのパターンで、保険会社14社から見積りをとって比較してみました。

見積り結果からもわかるように、走行距離が少ない場合は、年間走行距離を保険料算出の要素としているダイレクト型の自動車保険が、特に保険料が安くなる傾向にあるわけです。

ただし、このランキングはあくまでも一例ですので、走行距離以外にも、運転者の年齢、補償内容、契約車両の型式、などといった見積り条件が変わると、どの保険会社が一番安くなるかは変わってきます。

ですから、あなたにとってどの保険会社が安くなるのかは、実際に複数の保険会社から見積りを取って比較検討することをおすすめします。

以下のページでご紹介している自動車保険の一括見積サイトは保険会社16社と提携しており、一度の入力でカンタンに複数の会社へ一括見積依頼をして、ウェブ上ですぐに各社の見積り結果を見て比較検討できますので、せひご利用ください。

まとめ

今回は、自動車保険の走行距離区分と保険料の仕組みや、走行距離が少ない場合におすすめの安い自動車保険、についてお話しましたが、いかがでしたでしょうか?

おさらいしますと、自動車保険の中には、契約車両の年間走行距離を保険料算出の要素としている自動車保険と、そうでない自動車保険とがあり、前者の場合は申込時に自分の使用実態に合った「走行距離区分」を選んで申告する必要があります。

そして、走行距離が少ない場合に保険料が安い自動車保険としては、SBI損保、三井ダイレクト損保、セゾン自動車火災保険、アクサダイレクトなどといった、ダイレクト型で年間走行距離を保険料算出の要素としている保険会社の自動車保険が挙げられます。

ただし、走行距離以外にも、運転者の年齢、補償内容、契約車両の型式、などといった見積り条件が変わると、どの保険会社が一番安くなるかは変わってきます。

ですから、あなたにとってどの保険会社が安くなるのかは、実際に複数の保険会社から見積りを取って比較検討することをおすすめします。

そして、あなたにとって保険料が安くて最適な自動車保険を選ぶにあたっては、次にご紹介する自動車保険一括見積りサイトをぜひご利用ください。

あなたにとって一番安い自動車保険を選ぶ方法とは!?

あなたは、ご自分にとって保険料が安くて最適な自動車保険を選ぶことができていますか?

以下の自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」を利用すれば、複数の保険会社への見積り依頼と比較検討が手軽にできるので、あなたにとって一番安くて最適な自動車保険をカンタンに選ぶことができます。

この自動車保険一括見積りサイト「保険スクエアbang!」は、全16社の保険会社と提携しており、たった3分程度の入力作業をするだけで複数の会社へ一括見積り依頼をすることができます。

また、「即時計算機能」により、見積り条件を入力したら、すぐにウェブ上で各保険会社の見積り結果を見ることができます。


さらに、「見積り比較機能」で、各保険会社からの見積り結果を一覧で管理することできるので、どの保険会社があなたにとって一番安くて最適なのかが一目でわかります。


もちろん、このサイトは完全無料で利用することができますし、電話やメールなどによるセールスや勧誘は一切ありませんので、安心してご利用ください。

あなたも今すぐ運転免許証と保険証券または車検証をお手元に用意して、「保険スクエアbang!」で一括見積り依頼してみましょう。